ランキング。クリックするとこのブログの順位がわかりますよ

PROFILE

佐伯二等兵(右奥)&イッガ智三(手前)&イットリ先生(左奥)

  • 佐伯二等兵(右奥)&イッガ智三(手前)&イットリ先生(左奥)
  • 現在、一年間夕食に毎日カレーを食うチャレンジ中。

    ◎ルール  
    細川は毎日カレー食べる前の写真と完食したあとの写真を夜十時までに、ブログにアップ。もしくは佐伯二等兵にメールする。写真が送られなかった場合、その時点でアウト。

    ◎ペナルティ
    細川がカレーを一年食べきった場合
    →細川が勝ちとなりペナルティとして佐伯二等兵は一年間、鼻毛をのばしつづけなければならない。


    細川がカレーを一年食べられなかった場合
    →佐伯の勝ちとなり、細川は、一年間、ヒゲをのばしつづけなければならない。

    ◎細川徹(男子はだまってなさいよ!)
    コントを書いたり、テレビブロス連載したり、ハナクソンズとして映像を作ったり、出演したり。

    舞台「男子はだまってなさいよ!」作・演出
       「シティボーイズミックス」作・演出
       「ONアベックホームラン」作・演出
    脚本「おじいさん先生」
    DVD「ハナクソンズ」
    著書「ニュー大人の時間ですよ!」
       「テレビぼうや」
       「図解 世界のしくみ」
    作詞「フォークシンガー小象」のほぼすべて
    など

    ◎ご飯を作ってくれる男たち     
     
    二等兵・・・普段は役者。「おれ結構料理作ってる」と言う佐伯軍曹だったが、言うわりに、あまりにひどい料理なので、「二等兵」に格下げ。得意料理・・迷彩色の料理。キム兄を気取った粋な料理。


    イッガ智三・・・普段はライター。料理のアイデアは、グッチ裕三のレシピから。そのため、「イッガ智三」と呼ばれる。好物はカルテットというパン(ハムカツ、焼きソバなど四種類の具が入ったデブがすきそうなパン)。得意料理…ジャンクフード。エスニック。デザート。
  • RSS

MONTHLY

CATEGORY

SEARCH

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】  スポンサー広告  *   トラックバック(-)  *  コメント(-)  *  
『五月女ケイ子バースデーディナーショー2008』を明日に控えて
昨年の二の舞は御免ということで、念には念で前日から会場入りし、泊まりで準備をしておる訳ですが、びっくりするほど作業が進みません。
てゆーかもう朝じゃん!
16時開演がいよいよ怪しくなってきた。今年も泣き入れて1時間くらい遅らせようかしら。
もういい!とりあえず軽く寝よう!
その後諸々考えよう。
二等兵、おやすみなさい。
20080628055910
(↑二等兵の寝床)
スポンサーサイト
【2008/06/28 05:57】  五月女ケイ子バースデーディナーショー  *   トラックバック(-)  *  コメント(1)  *  
『五月女ケイ子バースデーディナーショー2008』へ向けて
今年もこの季節がやってきた・・・。

そう、ショーの季節が。

頼まれてもないのに今年もやらせていただくよ、ケイ子さん!
てゆーか、お願いだから今年もお付き合いしてくれよ、ケイ子さん!
今年こそでっかい花火打ち上げっからよ。


「もう勘弁!」

ということ無かれ!
俺たちはもう勝手に動きだしてるからさぁ。

打ち合わせに要した時間より本番の時間の方が長かった昨年の反省を生かし、
今回はミーツにミーツを重ねております。
TS3E024700010001.jpg
今日も二等兵と6時間ミーツ。
だいぶ見えてきた。
昨年のショーが15点だとしたら、今年のショーは50点はいける!
いや、ダメよ。
ここは大見得切って70…いや80点狙いでいく!

今年こそ、泣いてしまうかもしれません(残念じゃない意味で)。
ハンカチ用意しといてね。

(イッガ智三)






【2008/06/22 23:47】  五月女ケイ子バースデーディナーショー  *   トラックバック(-)  *  コメント(1)  *  
『五月女ケイ子さん誕生日記念・バースディディナーショウ/リベンジ編』(二等兵その2)
このリベンジ編を見てて凄いことに気がついたよ。俺。


それはイッガの顔。


20070818020526.jpg


20070818020448.jpg


この二つの写真、構図はほとんど同じです。
しかし唯一違う点がある!

それはイッガの顔。

見よ!このイッガの俺に対する温かい視線。
見よ!このイッガの岩兵への魚の死んだ目。

自分で言うのもなんだが、今回俺は確実にイッガのハートは掴んだね!

岩兵よ!これを見てどうコメントする?
イッガよ!この時のそれぞれの心理状態は?


【2007/08/25 17:55】  五月女ケイ子バースデーディナーショー  *   トラックバック(0)  *  コメント(2)  *  
『五月女ケイ子さん生誕記念・バースデーディナーショー』リベンジ編(二等兵)
次ネンリキに戻るときは、ひとまわり大きくなってからと心に誓っていた俺。
誓ったそばから二人(イッガ&岩兵)から急遽呼び出しが。
なにかと思えばこの二人、この前のショーのリベンジをしたいとのこと。
何故だ。何故二人で勝手にそんなことをする?
ひとまわり大きくなったどころか、逆にひとまわり小さくなっている現状の俺。どんな顔をしていればいいのか全く掴めないまま、リベンジはで始まった。
リベンジは、この前のビデオを見ながら各々リベンジしたいところでビデオを止め、リベンジを開始するという形式をとっていた。

岩兵はリベンジ解体ショーを。イッガは信長にリベンジ!

二人とも、立派だった。眩しかった。そう思っていた瞬間、なぜか俺もビデオを止めていた。
「二人がリベンジして何故俺だけしない?イヤ、むしろ俺こそが1番リベンジしなきゃいけないんじゃないか?!」 そう思った瞬間だった。
20070818020526.jpg

◎「や・ま・ざ・き・つとむは♪おこりんぼ♪…」

火事場の馬鹿力とは恐ろしいものだ。
当時俺の中で流行っていた「早春スケッチブック」というドラマで、山崎努大先輩が言った
「ありきたりだ!お前ら骨の髄までありきたりだ!」
という名セリフを用いて、山崎さんが日常の些細なことに当たり散らすという即席一人コントが生まれたではないですか!

それは俺がひとまわり大きくなる瞬間だった。いや正確に言うならば、大きくなる兆しが見えた瞬間だった。そしてハッとした。二人(トオル&ケイ子)がその機会を用意してくれたことに気が付いて。

二人!俺、大きくなって戻ってくるから・・・それまでグッバイ&サンキュー!
【2007/08/18 23:00】  五月女ケイ子バースデーディナーショー  *   トラックバック(0)  *  コメント(3)  *  
『五月女ケイ子さん生誕記念・バースデーディナーショー』リベンジ編(イッガ智三)
◎『イッガ智三・一人演舞』
『“もっと”本能寺の変』~信長リベンジ~


【出演】
織田信長・・・イッガ智三
明智光秀・・・村上弘明(VTR出演)
森蘭丸 ・・・松岡昌宏(VTR出演)
他(VTR出演)

ナレーション・・・市原悦子

ショー前説・・・ケント・デリカッツ

【あらすじ】
◎天正10年6月2日。
本能寺で寝静まる信長(イッガ智三)のもとに、謀反を企てる明智光秀(村上弘明)の魔の手が忍び寄る…。
本能寺を取り囲む1万3千の明智軍勢を前に、信長最期の戦いが今、幕を開けるっ!

◎『織田信長の命日(6月2日)』がバースデーだという五月女ケイ子さんにお送りする大型歴史スペクタクル演舞ショー。
この因縁を、これまた『織田信長と誕生日が一緒』という因縁を持つイッガ智三がまたしても熱演いたします。

【開演】
20070818020728.jpg
(↑寝てる信長)
20070818020928.jpg
(↑明智が来た!)
20070818020741.jpg
(↑勝手に入ってきた二等兵【戦国自衛隊】を無視)
20070818020748.jpg
(↑無視)
20070818020756.jpg
(↑さらば信長)
20070818020809.jpg
(↑「ボクは影武者っ!」) (↑「ボクが本当の信長っ!」)

======軽快なサンバのリズムが流れ出したっ!=======

20070818225230.jpg
(↑腰元ダンサーズ1)
20070818225240.jpg
(↑腰元ダンサーズ2)
20070818020817.jpg
(↑出てきたっ!)
20070818020849.jpg
(↑お客様と踊る)
20070818020856.jpg
(↑ケイ子さんをステージへ)
20070818020903.jpg
(↑一緒に踊る)
20070818020909.jpg
(ハピバースデー!)

【終演後の反省と感想】

たっぷりやった。
今回も30分だった。
けど、初演とは全く質が違う充実内容でお送りできたと思う。ギリyou tubeに貼られても何とか言い訳出来る内容のものには仕上がったと思う。いや、謙遜はやめよう。今回は間違う事なき“ショー”を見せれたと思う。

初演におけるあの壮絶なラスト…、見てる方(ケイ子さん)にとっては絶望感しかないあの終わり方…、
そこを今回は大胆にリメイクした。

全編全く同じ内容でお送りし、ラストに俺が首を切って絶命した直後、またも隣で棒のように見ていた岩兵がやおら客席に身体を向け、
「ボクが本当の信長っ!」
それを受けた俺が、
「ボクは影武者っ!」
と元気に立ち上がり、テーブルのケイ子さんのもとに歩み寄って小粋なテーブルマジックを披露するという新プランを用意。
そしたら事前リハの段階で徹さんに「マツケンサンバのCDあるから、死んでからそれ踊んなよ」と言われ、テーブルマジックをマツケンサンバに急遽変更。
真島(マジー)の指導のもと、当日1時間ほどマツケンサンバトゥーの練習をして本番に臨んだ。

結果的にこの決断が吉と出た!
いやぁ、やっぱ凄いね。マツケンサンバトゥーは。それまでやっていたすべての事がどうでもよくなるパワーを秘めているね。あの曲はさ。その爆発力たるやもう、『笑点のテーマ』と肩を並べるね。

「首切り?それはさておきみんなで踊ろうぜ!」
「オーレっ!!」

そんなパワーがマツケンサンバトゥーにはある。
そこにはもう希望があった。
自分でやりながら『これが真のショーだな』と強く感じた。これこそがエンターテイメントだと切に思った。

ケイ子さんよ、改めてハピバースデイ。
そして、おまたせしました。
これでもう『高杢』とは呼ばせないぜっ!


【2007/08/18 23:00】  五月女ケイ子バースデーディナーショー  *   トラックバック(0)  *  コメント(4)  *  
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。