ランキング。クリックするとこのブログの順位がわかりますよ

PROFILE

佐伯二等兵(右奥)&イッガ智三(手前)&イットリ先生(左奥)

  • 佐伯二等兵(右奥)&イッガ智三(手前)&イットリ先生(左奥)
  • 現在、一年間夕食に毎日カレーを食うチャレンジ中。

    ◎ルール  
    細川は毎日カレー食べる前の写真と完食したあとの写真を夜十時までに、ブログにアップ。もしくは佐伯二等兵にメールする。写真が送られなかった場合、その時点でアウト。

    ◎ペナルティ
    細川がカレーを一年食べきった場合
    →細川が勝ちとなりペナルティとして佐伯二等兵は一年間、鼻毛をのばしつづけなければならない。


    細川がカレーを一年食べられなかった場合
    →佐伯の勝ちとなり、細川は、一年間、ヒゲをのばしつづけなければならない。

    ◎細川徹(男子はだまってなさいよ!)
    コントを書いたり、テレビブロス連載したり、ハナクソンズとして映像を作ったり、出演したり。

    舞台「男子はだまってなさいよ!」作・演出
       「シティボーイズミックス」作・演出
       「ONアベックホームラン」作・演出
    脚本「おじいさん先生」
    DVD「ハナクソンズ」
    著書「ニュー大人の時間ですよ!」
       「テレビぼうや」
       「図解 世界のしくみ」
    作詞「フォークシンガー小象」のほぼすべて
    など

    ◎ご飯を作ってくれる男たち     
     
    二等兵・・・普段は役者。「おれ結構料理作ってる」と言う佐伯軍曹だったが、言うわりに、あまりにひどい料理なので、「二等兵」に格下げ。得意料理・・迷彩色の料理。キム兄を気取った粋な料理。


    イッガ智三・・・普段はライター。料理のアイデアは、グッチ裕三のレシピから。そのため、「イッガ智三」と呼ばれる。好物はカルテットというパン(ハムカツ、焼きソバなど四種類の具が入ったデブがすきそうなパン)。得意料理…ジャンクフード。エスニック。デザート。
  • RSS

MONTHLY

CATEGORY

SEARCH

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】  スポンサー広告  *   トラックバック(-)  *  コメント(-)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』特別編~二等兵が急に来れなくなって~
20070313214004.jpg


【今回のメニュー】
『イッガのほうとう』

【材料】
ほうとう、入れたい野菜とか色々

【作り方】
◎市販のほうとうにお好みの野菜やらなんやら入れて煮込めば完成です。

【今回の点数】
採点なし。ノーコンテスト

【二人の感想】
急に申し訳ない。ほうとうおいしいよ。作ってくれてありがとう。  ・・・(徹&ケイ子)

【イッガの感想】
今回は佐伯二等兵が食事を作りにくる約束だったのですが、徹さん宛てに、
「今日は天気があまり良くない。夜は荒れ模様だから後日改めて。」
とのメールが届き、まさかの当日キャンセル。急遽事務所で仕事してた俺が、たまたまあったほうとうを作って二人に食べさせました。おいしかったです。
つーか、天気に左右される二等兵の料理って何?気になります。

p.s 二等兵へ

俺とイットリ先生が結構なヘビーローテーションになってるんで、そろそろお願いします。
スポンサーサイト
【2007/02/28 21:40】  対決  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』(9)
20070313213832.jpg


【今回のメニュー】
イッガ智三の『午前0時のムーンライト』

【材料】(三人前)
森永ムーンライト3枚、プリン3個、ミニシュークリーム、バニラアイス、キウイ1個、プリッツ(プリン味)、バニラアイス、生クリーム、シャンパン、ミントの葉

【作り方】
◎グラスにシュークリームを1個置く、そしてその上に座布団のようにムーンライトを敷きます。
◎熱してアルコールを飛ばしたシャンパンソースをムーンライトにかけます。
◎高級な座布団と化したムーンライトにプリンを座らせ、
シュークリームやら生クリームやらバニラアイスやらキウイやらでデコレートしたら完成です。

【今回の点数】
-1.3点

【二人とイットリ先生の感想】
子供が好きそうな食べ物。    ・・・1点(イットリ)
女子高生が好きそうな食べ物。  ・・・0点(徹)
デブが好きそうな食べ物。    ・・・-5点(ケイ子)

こんなの採点に値しないよ!雰囲気だけで刺さってるプリッツに腹が立つ。・・・(徹&ケイ子)

【イッガの感想】
甘いものが食べたいと言うケイ子さんの為に事務所にあった甘いものという甘いものをふんだんに盛り込んでみたらば、それはそれはひどい点が飛び出た。
徹さんが愛してやまない『ムーンライト』(森永のクッキー)を座布団に見立て、下にシュークリームを敷いて座り心地を良くし、シャンパンをかけてより高貴な座布団に変えたのだが、ちっともお気に召さなかった様子。
連続殿堂入りは夢と消えた。


p.s これをご覧の皆様へ

徹さん曰く「ムーンライトには水が一番合う」のだそうです。コーヒーでも紅茶でもありません。

『ムーンを口に含む』

『ヨダレくらいの量の水を口に入れる』

『ムーンがさらりと溶けて口いっぱいに拡がる』

のだそうです。是非試してみてください。俺も試してみましたが何となく言わんとすることは感じれました。コーヒーではこの感じは出ません。水でトライしてみてください。それが最高の食べ方だそうです。
【2007/02/27 21:38】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』(8)
20070313213633.jpg


【今回のメニュー】
イッガ智三の『シャアク専用サンド』(サメサンド)

【材料】(三人前)
ボウザメの切り身、フランスパン、トマト1個、玉葱1個、レモン1個

小麦粉、塩、カレー粉、オリーブオイル、酒、しょうが少々

【作り方】
◎ボウザメの切り身をさばいて骨を取り、鍋に入れたら、酒少々としょうがのみじん切りを入れて数分火にかけ、ボウザメの臭みを取ります。
◎ボウザメをフライパンから取り出したら、軽く小麦粉とカレー粉をまぶし、オリーブオイルをひいたフライパンで両面こんがりと焼き、塩で味付けします。
◎焼いたフランスパンにスライスした玉葱とトマト、更にボウザメを挟んでレモンを添えれば完成。
たっぷりレモンをかけてお召し上がり下さい。

【今回の点数】
97.3点

【二人とイットリ先生の感想】
参った!これは100点あげなきゃしょうがない。決して100点じゃないサメのイメージを100点に変えたのが素晴らしい。オリジナリティーもある。この料理を殿堂入り第1号にしよう。
              ・・・100点(徹)
おいしい。サバサンドより好きかも。これ殿堂入りでいいんじゃない。でも、もう一品欲しかった。昨日はあったのに…。
              ・・・97点(ケイ子)
これうまいですよ。身が淡白だから照り焼きにしてもおいしいかもしれないですね。
              ・・・95点(イットリ)

【イッガの感想】
やったよ!殿堂入りだよ!厳しいジャッジを貫いてきた徹さんからも遂に100点を頂いたよ!すごいぜ、サメ!
いやぁ、サメ様様ですよ、ほんと。 
SEIYUの鮮魚コーナーで彼に出会えて本当に良かったですよ。この幸運な出会いに感謝ですよ。
サメサンドはとっても簡単に作れるので是非みなさんトライしてみてください。お近くのスーパーで探してみてください。ちなみに俺が買ったボウザメのパックには『今が旬!』っていうシールが貼ってありました。今しか出会えないのかもしれません。お急ぎ下さい。

が、それにつけても臭い。
腐ったこんにゃくみたいな臭いがする。
さばいてる最中は心底滅入る。
それがネック。


p.s 徹さん、ケイ子さんへ

今度、サメのフルコースをお二人に振舞います。お休みの際にごゆるりと。出来れば正装でお待ちください。
【2007/02/26 21:36】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』(7)
20070313213358.jpg


【今回のメニュー】
イッガの『お夜食プレート(サバサンド&アボガドサラダ)』

【材料】(二人前)
◎サバサンド
サバの切り身1枚、トマト1/2個、玉葱1/2、レモン1/4、フランスパン、塩、小麦粉、オリーブオイル

◎アボガドサラダ
アボガド1個、カニカマ4本、キャベツ少々、とびっこ(トビウオの卵)少々、マヨネーズ、からし、こしょう、カレー粉、塩、砂糖

【作り方】
サバサンド
◎サバの切り身をパンのサイズに合わせて切り、小麦粉を軽くまぶし、それをオリーブオイルをひいたフライパンで両面キツネ色に焼き上げます。
◎香ばしく焼き上げたフランスパンに輪切りにスライスしたトマトと玉葱、更にサバを挟んで軽く塩を振りかけ、皿に乗せる。
◎カットレモンを添えて、食べる際はサバサンドにたっぷりレモンを絞ってお召し上がり下さい。

アボガドサラダ
◎ 半分にカットしたアボガドの身をスプーンできれいにかき出します。それをボールに移し、みじん切りにしたキャベツ、細かく刻んだカニカマ、とびっこ、オリーブオイル小さじ1、マヨネーズ大さじ1、塩小さじ半分、砂糖小さじ半分、からし少々、こしょう少々、カレー粉少々をよく絡ませます。(アボガドは変色しやすいですが、この際種を一緒に入れてかき混ぜると変色しにくくなりますよ)
◎アボガドの皮をお皿にしてそれに盛り付ければ完成です。

【今回の点数】
91.5点

【二人の感想】
パンをおいしく感じたのは久しぶり。サバサンドだけなら120点だった。『ヤマザキパリジャン』というありきたりなパンをおいしく感じさせたその焼き具合だけでも103点はあげれた。
                ・・・98点(ケイ子)
アボガドはしょっぱい。カレー味もいらなかった。それがなければ100点だった。このサバサンドは毎晩食べてもいい。やっぱイッガは夜食に強いね。
                ・・・85点(徹)

【イッガの感想】
トルコに行った事があるという二人が、必ず食べたであろうサバサンドで勝負に出たら期待通りの点数を頂戴した。徹さんが一口食べて笑みがこぼれていたのを俺は見逃さなかった。ケイ子さんに至っては120点というからうれしい限りだ。
でもそう考えたらよっぽどアボガドで点が下がったって事だな。なんでカレー味にしてしまったんだ俺は。カレー味がすれば喜ぶ、という小学男子的な発想が悔やまれる。
でも光は見えた。
見えたな。

p.s イットリ先生へ

揚げ物禁止で、イッガの持ち味が失われる危険があります。
何とか揚げ物が出来る環境を俺は取り戻したいので、勝手に台所のリフォームに着手してみます。もしくはベランダにカセットコンロを設置します。
【2007/02/25 21:34】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』(6)
20070313213201.jpg


【今回のメニュー】
『イッガの中華風肉豆腐』&『シャアク専用ミソスープ』(サメ汁)

【材料】(二人前)
◎肉豆腐
豚バラ肉200g、豆腐1丁、ネギ1/2、玉葱1/2、ニラ1束、タケノコの水煮1袋、しょうが少々、えのき茸1袋、ニンニク少々、白ゴマ、サニーレタス、
オイスターソース、醤油、酒、砂糖、片栗粉、ラー油、ゴマ油
◎サメ汁
ボウザメ2切、味噌、和風だしの素、ネギ少々、しょうが少々、みりん

【作り方】
『肉豆腐』
◎サイコロ状に切った豆腐を形が崩れないように下ゆでします。
◎フライパンにゴマ油を敷き、みじん切りにした玉葱をアメ色になるまで炒めます。そこにカットした豚バラ、ネギ、タケノコ、えのき、みじん切りにしたしょうがとニンニクを少々加えて炒めます。
◎更に酒大さじ1、オイスターソース大さじ3、醤油大さじ1、砂糖小さじ1杯半を加えて軽く炒め、水150mlと豆腐、ニラを加えてニラに火が通るまで煮立たせたら、水溶き片栗粉を絡ませます。そして風味付けのゴマ油小さじ1とラー油小さじ半をかけて絡ませます。
◎皿にサニーレタスを敷き、その上から肉豆腐を盛り付け、軽く白ゴマを振り、白髪ネギを添えれば完成です。

『サメ汁』
◎ボウザメの切り身を鍋に入れ、水500ml、酒大さじ1、臭みを取るためのネギとしょうが少々を一緒に入れ10分ほど煮ます。
◎和風だしの素少々と味噌大さじ2杯半、みりん小さじ半程度を入れて軽く煮ます。
◎器に切り身を豪快に盛り付け、汁を注げば出来上がり。(ねぎとしょうがは盛りません)

【今回の点数】

64.5点

【二人の感想】
化学的な味。食べれば食べるほど辛くなった。タケノコが主張しすぎて全体がメンマ味だった。サメはウマい。              ・・・69点(ケイ子)
料理のバランスが悪い。サメ汁で十分に飯がいけると思うからむしろサメをメインに据えるべきだったのでは。              ・・・60点(徹)

【イッガの感想】
今回は冷蔵庫に残ってた豆腐を処理しようと思い肉豆腐を作ってみた。スープが付くと二人が喜ぶので、スーパーの鮮魚コーナーに売っていた『ボウザメ』というサメの切り身を興味本位で買い、ダメもとで味噌汁にした。
サメ本来の味を堪能して頂こうと余計な具材は入れず、切り身を丸々投入し、混じりっ気なしのサメ汁として提出。
したらまさかの高評価。主役を完全に食う活躍をみせてくれた。「これはサメです」と言うまで二人に気づかれなかったぐらい淡白なおいしい魚だった。
今回は点数こそ低いけども新たな発見はあった。素敵な出会いがあった。
『ボウザメ』
俺はこいつに光を見た。

でも臭い。
調理中滅入る。
それが問題だ。


p.s 二等兵へ

サメ汁の上質なコラーゲンでケイ子さんの吹き出物はバッチリだと思います。


【2007/02/24 21:32】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の2人に食べさせたくて(4)-2
20070313213019.jpg


【今回のメニュー】
『イットリ先生のまろやかグリーンシャーベット』

【材料】三人前(ネンリキにあるもので)
キウイ2個、アボガド1個、レモン汁少量、牛乳50cc、レモン汁少量、練乳適量、砂糖適量、洋酒少々

【作り方】
◎みじん切りにしたキウイとアボガドをさらにフォークの背などで潰します。
◎そこに、レモン汁、牛乳、洋酒を加え、練乳、砂糖、洋酒で味をつけます。
◎冷凍庫で冷やして完成。冷やしすぎるとコチコチになるので、シャリシャリくらいで食べましょう。


【今回の点数】

-4.5点

【二人の感想】

毒を盛られたっ!ふざけるなっ!オリジナル性を評価してこの点数。
                    ・・・0.5点(徹)
舌がピリピリする。見た目が恐ろしい。幼虫とカエルの卵にしか見えない
                    ・・・-5点(ケイ子)

【イットリ先生の感想】

【WARNING!!】このサイトを見ている皆さん、このメニューに関しては作ることをお勧めしません。

イットリです。緊急事態です。今回のレシピは、2人を食中毒寸前まで追いやりました。
主な症状として、
・舌がピリピリする。
・頭がボーっとする。
・胃が重い。
の三点です。

考えられる要因は2点。
・アボガドとキウイを混ぜたことで謎の化学反応が起きた。
・洋酒の入れすぎ。

前者ならば、新発見ですが、おそらく後者だと思います。
先日の苺ソースの際に洋酒を入れてうまくいったので、今回も調子に乗って入れてしまいました。
今回は特に熱を加えていないため、洋酒のアルコール分がそのままキツイ舌触りとなって、2人を苦しめたのだと思われます。
調子に乗るといいことがありません。僕は、調子に乗りやすいタイプなので自重しなければと思います。深く反省。
このデザートを食べた後、2人は仕事が手につかず、ボーっとなってしまい、ネンリキにはアメリカの青春映画のような退廃的な空気が流れました。
2日連続で2人の仕事を妨害する結果となってしまいました。本当にすみません。


p.s イッガさん&二等兵さんへ
最低点を叩き出しました。マイナスです。僕の名誉のため、はやくこの記録を破ってください。お願いします。
【2007/02/23 21:30】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の2人に食べさせたくて(4)
20070313212833.jpg


【今回のメニュー】
『イットリ先生の天ぷら三昧』

【材料】三人前(ネンリキにある材料)
なす1本、春菊1束、にんじん2分の1本、玉ねぎ1個、三つ葉1束、鳥ささみ80グラム、小魚適量、コツのいらない天ぷら粉

【作り方】
◎なすは薄切り、にんじんは千切り、玉ねぎはあらみじん切りにし、小魚とあえてかき揚にする。三つ葉は3等分くらいにきり、薄くきった鳥ささみとあえる。
◎鍋に油を入れ、コツのいらない天ぷら粉のおいしく作るコツを良く読みながら揚げる。

◎サラダとして、千切りキャベツを昨日のタルタルソースであえたものと、昨日の残りの塩辛い野菜とチキンをスープにアレンジしたものを添えた。

【今回の点数】

75点

【二人の感想】

まさか残り物を使って天ぷらが出てくるとは思わなかったしかもサクサク!スープもうまい。
                    ・・・79点(徹)
仕事場で天ぷらが食べられるとは!みつばと鳥肉のヤツが手が込んでいてよかった。でも、ちょっと全部は食べきれなかった。
                    ・・・73点(ケイ子)

【イットリ先生の感想】

岩田改めイットリです。恐縮です。先生の称号を頂いてから、初のチャレンジとなったわけですが、まあまあの評価で胸をなでおろしています。
そもそも、先生が「コツのいらない天ぷら粉」を使ってよいのかどうかという疑問はありますが、しかし、この日のテーマは『買い足しNG。ネンリキにあるもので』だったので、大目にみてください。
これまで、イッガさんと軍曹さんが自分の作りたいように作ってきた結果、材料があまりまくり、僕にしわ寄せが来るのは釈然としない感じですが、天ぷらというメニューをチョイスし、使いどころが難しい春菊やみつばなどを一掃することに成功しました。
特に、三つ葉とささみの天ぷらは和テイストを醸し出し、自分で言うのもなんですが、おいしかったです。皆さんも、是非チャレンジしてみてください。


p.s イッガさん&二等兵さんへ
その後、ネンリキでは揚げ物が禁止になりました。僕が天ぷらを揚げた日から、3日ほど、ネンリキ中が油臭くなってしまったためです。仕事場が油臭いという話もありませんので、揚げ物禁止令が出てしまったのです。
今後のメニューに揚げ物を予定していましたらごめんなさい。謝ります。でも、早いか遅いかの差なので大目にみてください。
【2007/02/23 21:28】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
軍曹&岩田くん&イッガへ
○軍曹へ。

本日づけで
「軍曹」から格下げで、「二等兵」になりました。

理由 他の人の料理とくらべた結果。


○岩田君へ

本日づけで
「岩田君」から格上げで、服部先生にちなんで

「イットリ先生」になりました。

理由 立派な料理が何度も出てきたので。

○イッガへ

現状維持でお願いします。

理由 まあ普通だから。

以上よろしくお願いします

ネンリキ
【2007/02/22 21:27】  事件  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
岩田君の2人に食べさせたくて(3)-3
20070313212324.jpg


そしてチョコだけが残りました。
【2007/02/22 21:23】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
岩田君の2人に食べさせたくて(3)-2
20070313212049.jpg


【今回のメニュー】
『岩田君のストロベリーオムレット~苺ソース&泥チョコがけ~』

【材料】三人前(ネンリキの冷蔵庫にあったもの)
卵3個、苺1パック、練乳適量、生クリーム適量、砂糖適量、塩少々、軍曹のおっぱいチョコの残骸適量、牛乳少量、レモン汁少量、ミントの葉少々、バター少々、洋酒少々、


【作り方】
◎ボウルで、卵3個と砂糖大さじ1.5、塩少々、牛乳大さじ2程度を混ぜ合わせます。熱したフライパンにバターを引き、薄焼き卵を作り、1皿ずつ取り分けておきます。
◎苺は半分に切り、生クリームと練乳とレモン汁少々であえます。薄焼き卵の中央に盛り、卵の上下を閉じ、ミントを添えます。
◎苺ソースは、苺5粒程度をみじん切りにし、砂糖大さじ3、レモン汁少々、洋酒少々を加え、鍋でふつふついう程度に煮詰めます。泥チョコは温めてペースト状にしておきます。
◎二つのソースをかければ完成。


【今回の点数】

73点

【二人の感想】

すごい!ジャムを家庭で作るなんて発想はなかった
                ・・・70点(徹)

自然でやさしい味。しかも、盛り付けがキレイ。チョコがなければ100点だった。岩田君は服部先生にならって、イットリ先生に昇格させよう。それにしても相変わらずチョコがマズイ!軍曹は二等兵に格下げだよ。
               ・・・76点(ケイ子)

【岩田君の感想】

岩田です。なんとかデザートで汚名返上しました。2人のイライラもおさまった模様。よかったです。今回出されたデザートへのお題は、『軍曹のチョコの残骸をなんとかしてくれ』。
スタートから大きなハンデを背負わされました。途中から拝見して頂いた方のために解説いたしますと、この日記では、イッガさんと軍曹さんと僕の料理対決を行っているわけで、あの7点を記録したおっぱいチョコを使わなければいけないということは、
軍曹の妨害工作以外のなにものでもないのです。死してなお、呪いでダメージを与える、菅原道真のような怨念をこのおっぱいちょこの残骸に感じました。

仕方がないのでおっぱいチョコの残骸は、溶かしてそのままソースにしました。いつでも残せるように。料理にダメージを負わせない最善の策だと思います。
結果、チョコのせいで点数は下がりましたが、大崩れはまのがれました。おっぱいチョコ、おそるべし。


p.s 二等兵さんへ
迷惑なので負の遺産を残して帰るのはやめてください。アレンジするほうの身にもなってください。あと、今日から僕、イットリ先生を名乗ります。
【2007/02/22 21:21】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
岩田君の2人に食べさせたくて(3)
20070313211918.jpg


【今回のメニュー】
『岩田君のチキンと野菜の蒸し蒸しハーブソテー~特製タルタルソース添え~』

【材料】三人前(1900円ご飯代込み)
(蒸し蒸しソテー)
鶏ムネ肉200g、ベーコン少量、玉葱1個、なす1本、ブロッコリー1房、じゃがいも2個、にんじん1本、えりんぎ1パック、しめじ1パック、レモンお好みで
塩、乾燥バジル適量

(特製タルタルソース)
卵2個、マヨネーズ、塩、こしょう、パセリ、レモン適量、たまねぎ4分の1個

【作り方】
(蒸し蒸しソテー)
◎鍋でベーコンをカリカリになるまで炒め、油をとります。塩をふり、もみ込んだ鶏肉を皮から焼き、焦げ目がついたら裏返し、火の通りにくい野菜から上に乗っけて蒸していきます。(塩はちょっと多いかなくらいがベスト)
◎野菜を全部入れたら、上から乾燥バジルを振りかけ、フタをして中火で10分程度蒸し、野菜に火が通ったら完成です。お好みでレモンを添えてください。

(タルタルソース)
◎ゆで卵2個をフォークなどで潰し、たまねぎのみじん切りを加え、レモン汁、塩、こしょう、マヨネーズで味付けします

【今回の点数】

3点

【二人の感想】

辛いっ!ナスもチキンもエリンギも辛いっ!タルタルソースまで辛いよっ!スープはやさしい味付けだけど、フォローになってない!血圧が上がった!イライラするっ!
                    ・・・1点(徹)
辛いっ!しょっぱすぎる!イライラするっ!でも、これを煮てスープにすればちょうど良いかも。
                    ・・・5点(ケイ子)

【岩田君の感想】

岩田です。失敗しました。前回、前々回と、2回連続で高得点を出したため、調子に乗ってしまい、この有様です。この点数はそんな僕の慢心が招いた当然の結果です。反省。
敗因は明確です。塩をしこたま入れすぎたためです。

ただ、ひとつだけ言い訳をさせてください。ここ、ネンリキにある塩は市販の袋のままなのです。そして、僕は家庭の料理では食卓で用いる容器に移し替えて振りかけているわけです。つまり、そこに目分量のラグが出るわけで、今回の塩辛い料理の原因はそこにあるのです。ただ、それならば、ちゃんとさじを用いて計ればいいのであって、やはり調子に乗っている私の心にスキがありました。真に遺憾に感じております。お2人は、この料理を食べたため、食後、非常にイライラしてしまい、仕事が手につきませんでした。すべて僕の責任です。今後、再発防止に努めたいと思います。申し訳ございませんでした。

しかし、今回の実験を通して、人間は塩辛いものを食べるとイライラすることがわかった。
それがわかっただけでも、良しとしよう。


p.s イッガさん&軍曹さんへ
今まで、調子に乗っていました。すみません。もう、でかい顔しません。
高得点を出すまでは。
【2007/02/22 21:19】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』(5)
20070313211719.jpg


【今回のメニュー】

イッガの、ドンとやらないでおこう!『チキンカツ煮』

【材料】二人前

鶏ムネ肉150g、鶏モモ肉150g、玉葱1個、卵3個、大根少々、みつば、
パン粉、塩、こしょう、とろけるチーズ1枚、醤油、砂糖、和風だしの素、酒、サラダ油、ゴマ油

【作り方】

◎鶏ムネ肉に横から切れ目を入れてとろけるチーズを挟みこみ、表面に塩・こしょうで下味をつけます。
鶏モモ肉はそのままで表面に塩・こしょうで下味をつけます。
◎それぞれ溶いた卵にくぐらせ、パン粉をまとわせます。この作業を二度繰り返し、衣に厚みを加えてください。(個人的にカツ煮は衣が旨いので)
◎フライパンにサラダ油とゴマ油を引き、カラッとなるまで両面キツネ色に焼き揚げます。(油は2,3mmの厚さにひくだけで十分揚がります)
◎鍋に水250cc、和風だし少々、醤油大さじ3、砂糖大さじ1、酒大さじ1を入れ、千切りした玉葱を入れアメ色になるまで火を通します。
◎2cm幅程度にカットしたカツを鍋に入れ、軽く溶いた卵2個を上から注ぎ、さらにみつばを散らし、蓋を閉めて卵が固まり過ぎない程度に数秒火にかけます。
◎皿に2種類のカツを盛り付け、横に大根おろしを添えれば完成です。

【今回の点数】

89点

【二人の感想】

ウマい。2種類のカツが楽しめるのもいい。ちゃんとした食事をさせてもらった感じ。でも一緒に出た中華スープがちっともおいしくないよ。カツだけだったら91点、味噌汁が付いていたら95点は出てた。
                    ・・・83点(徹)
いつも普通にカツとか食べると半分残しちゃうんだけど、これはあっさりしてておいしく食べれた。チーズは合うね、女子に受けるかも。でもスープがイマイチ。これが味噌汁だったら99点、いや100点だったかも。
                    ・・・95点(ケイ子)

【イッガの感想】

俺はカツ丼よりカツ煮の方が好きなんです。
で、まあこれはきっと二人にもおいしく食べてもらえるはず、という確信はズバリだったんだけど、箸休め的な意味で添えた特製中華スープが大失敗。すこぶる不評だった。その事実に最後まで気付かず「そのスープに、このおろしニンニクをちょっと足すとまた違う味が楽しめるんですよ」とかっこつけて言ってた数分前の自分を全裸で山に埋めたい。
普通に味噌汁作ってりゃよかったなぁ。また100点のチャンスを自らフイにしてしまったなぁ。
完全に足枷になった『イッガ特製中華スープ』とそのレシピは俺の心の萬屋に封印させていただきます。

でもカツ煮は旨いと思いますよ。ちなみに豚より鶏の方が柔らかく揚がっておいしいと思います。チーズにも合うし。
で、今回は試しに一方をモモ肉でやってみたんですが、やっぱりカツにはムネ肉が合うと思うので、これ作ってみようという方には両方ともムネ肉でやることをお勧めします。


p.s 軍曹へ
ケイ子さんの吹き出物の件了解しました。原因は俺たちの料理であることは明白です。更に言えば8割方『チョコぉっぱい』が原因です。
これまでライバルとして競い合ってきた俺たちだけど、今はひとまず休戦して、吹き出物撲滅に向け共に闘いましょう。
【2007/02/20 21:17】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
軍曹のふたりに食べさせたくて!(4)
20070313211530.jpg


【今日のメニュー】
イワシとキャベツの簡単お手ごろ春パスタ梅風味

《材料&レシピ》
パスタ約400g(4人前)、イワシのオイル漬け2缶、キャベツ反玉、ゆかり大さじ1、練り梅少、塩大さじ2              

                         776円(4人分)

まず沸騰した鍋に塩大さじ2杯いれ、パスタを茹でます。
その間にキャベツを一口サイズに適当にきり、空で熱したフライパンで炒めます。この時、塩を入れる代わりにゆかりを大さじ1杯入れる。
キャベツに火が通りだしたらイワシのオイル漬け2缶をオイルをきらずにそのまま入れ、イワシを潰しながら中火で炒めて下さい。
そうこうしてるうちにパスタが湯で上がりますので取り出します。この時、いつもより固めの段階で取り上げて下さい。
湯切りしたパスタを具にまぜて、そこに練り梅を少々たし、絡めながら軽く炒め、具と馴染んでくると出来上がり、

《今回の点数と感想》

69点

スタミナがあるものが食べたかった。全部たべきれなかった。
あと見た目が生ゴミっぽかった。      ケイ子

家の味だった。ぬるかったので食べ易かった。  徹

普通。五月女さんの残飯を俺が食べた。    イッガ


《軍曹の感想と反省》
まず4人分のパスタをイッキに作るのは大変。フライパンが許容範囲をこえてしまっていたのは反省。見ての通り油をあまり使ってなかったので触感がモッサリしたので仕上げ段階にサアーっとオリーブオイルをかけた方がよかったかも。今年は温かいので春を先取りイメージで梅風味にしてみたが、最近また寒くなってきて、お天気チョイスも失敗。
あとパスタの分量も考慮に入れねば。


PS:イッガさんへ
最近五月女さんのお肌に吹き出物が出てくるようになったようです。
なんとかして我々の底力でそれを阻止しましょう。」
【2007/02/19 21:16】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』(4)
20070313211346.jpg


【今回のメニュー】

イッガ智三の『真夜中のトライフル』

【材料】(二人前)

バームクーヘン、お好みのフルーツ(今回はイチゴ、キウイ、バナナ)、フルーツゼリー(緩めのもの。更に言えば果肉入りが良い)
生クリーム、カスタードクリーム、砂糖、ラム酒、ミント

【作り方】

◎グラスにサイコロ状にカットしたバームクーヘンを敷きます。(この際、香り付けとしてお好みでバームクーヘンにラム酒を適量染み込ませて下さい)
◎その上からスプーンなどですくったフルーツゼリーを敷いて行きます。
◎その上から軽く生クリーム、更にカスタードクリームを重ねます。
◎お好みでカットしたフルーツと生クリームでデコレートしていき、最後にミントを添えれば出来上がり。

【今回の点数】

96点

【二人の感想】

おいしい!お店で食べたやつよりこっちの方がいい。こんな時間に食べれたことも評価したい。
                                 ・・・100点(ケイ子)
フルーツをおいしくいただけた。バームも新しい味として楽しめた。飾りつけもいいじゃないの。
                                  ・・・91点(徹)

【イッガの感想】

この日は三人で朝まで仕事。
徹さんに「この差し入れのバームを新たなものに変えられないか」と言われ、ケイ子さんが「トライフルが食べたい」と言うので、じゃあ疲れた身体に一服の清涼剤をとばかりに夜中の3時過ぎからトライフル作りに着手する。
ちゃちゃっと見よう見まねで作って出したらまさかまさかの高得点が飛び出た!ケイ子さんに至っては100点が飛び出た!もうびっくりだ。
だって正直イッガってば、カスタードクリームは、なんかワッフルサンドに挟んであったカスタードクリームをくり抜いて使ったのよ。ぶっちゃけ手作りでも何でもないのよ。だから手放しでは喜べないんだけど、逆に言えばそれが功を奏したのかもしれん。よおしっ、いっそそれを売りにしてしまって手放しで喜ぼう。
『カスタードクリームは「モンテールのワッフルサンド」の中身をくり抜いて使う…それが、イッガ流』

是非お試しください。
ちなみにフルーツゼリーは、ウィダーくらい緩めのゼリーの方がバームなどと絡みやすくておいしいと思います。フルーツゼリーは桃とかの果肉が入ってるやつがお勧めです。お子様用ならラム酒じゃなくて、果物の缶詰とその汁なんかを足すと食べやすいと思います。
くどいですが、カスタードクリームはみんな大好きモンテールのワッフルのやつでお願いします。

いや~、出たな~高得点が。


p.s 軍曹と岩田君へ

松田優作のナンバーワンソング『風が吹く』を歌いたいのですがカラオケボックスにありません。行く機会があったらで結構ですのでお店にリクエストしといて下さい。もしよろしければこれをご覧の皆様の温かいリクエストで松田優作のナンバーワンソングを是非カラオケボックスに導入させてあげてください。よろしくお願いします。
夏頃までに歌えれば幸いです。


【2007/02/17 21:14】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
岩田君の二人に食べさせたくて(2)
20070313210400.jpg


【今回のメニュー】
『岩田君の偽トムヤム・フォー』

【材料】(四人前) 2100円

・偽トムヤム・フォー
あさり250g、ブラックタイガー(剥き身でないもの)6匹、玉ねぎ1個、セロリ1本、トマト2個、みつば適量、ネギ1本、シャンツァイ適量、ベトナムフォー4人分、水800ml、牛乳100ml、ナンプラー大さじ3、レモン汁50ml、豆板醤小さじ1、コチュジャン大さじ1.5、すりおろしにんにく少量、ナッツ少量、

【作り方】

◎玉ねぎ、セロリ、ネギをあらみじんにし、おろしにんにくと一緒に弱火でじっくり炒めます。
◎あさりとエビを沸騰したお湯にくぐらせ
ます。このお湯はだしになるので捨てないこと。
◎あさりとエビをとりだし、エビは頭と殻をむきます。そのエビの頭と殻を先ほどの煮汁に戻し、アクをとりながら弱火で10分程煮込みます。
※エビの殻と頭からはおいしいエキスが出ます。しかし、身を長く煮込むと固くなってしまうので上記のような方法をとります。
◎だし汁から、エビの殻と頭を取り除き、炒めた野菜と荒く切ったトマトを合わせます。
◎ ナンプラー、レモン汁、豆板醤、コチュジャン、砂糖、塩で味付けします。だいたい上記の通りですが、お好みで調節してください。ナンプラーは塩味、レモンは酸味、豆板醤・コチュジャンは辛味、砂糖は甘味なので味を見ながら、調節したい調味料を加減してください。コツとして、ちょっと多いんじゃないかな?ぐらいがちょうどいいです。
◎野菜が柔らかくなったら、エビ、アサリ、牛乳を入れ、ひと煮立ちさせます。同時に、別の鍋でフォーをもどし、スープに合わせます。シャンツァイ、白髪ネギ、ナッツを散らして完成!

【今回の点数】

86点

【二人の感想】

優しい味。トムヤムクンの素とか、科学的な調味料を使わずにこの味を出したのはポイント高い。 (徹)

トムヤムクンではない。トムヤムクンではないけど、こういうスープだと思えばアリかも。 (ケイ子)


【岩田君の感想】

岩田です。新参者ながら、2夜連続の登場です。恐縮です。恐縮しながらも、やりました!またしても高得点!喜びを隠せません。ただ、今回、致命的なミスをしてしまいました。それは、2人に出すときにシャンツァイを入れ忘れたこと。シャンツァイが入れば、いっきにアジアっぽくなり、プラス5点は固かったと思います。

ただ、そうなると90越えのさらなる高得点をマークしてしまうわけで、新入りとしては非常に肩身の狭い思いです。ここまで差がついてしまうと、このページを見ている方が、珍レシピであえぐイッガさんと軍曹さんのことを、かわいそうな人たちとしてしか認識しないのではないかと心配です。次からは、僕も珍レシピを作成し、次元を合わせてみようと思います。どうか、お二人、逆恨みしないでくださいませ。かしこ。

p.s イッガさん・軍曹さんへ

ベトナムフォーが余りました。使ってください。あと、先日のぶり大根で使った大根が大量に余っています。なんとかしてください。
【2007/02/16 21:06】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
岩田君の二人に食べさせたくて(1)
20070313210214.jpg


【今回のメニュー】
『岩田君の、ひかえめぶり大根とお好み豚汁』

【材料】(四人前) 1950円

・ひかえめぶり大根
ぶり(切り身)300g、里芋8個、大根8分の1本、こんにゃく2分の1個、ごぼう2分の1本、白髪ねぎ少々、醤油100ml、酒50ml、みりん50ml、砂糖大さじ5、みつば適量

【作り方】

◎ぶりの切り身を食べやすい大きさに切ります。
◎沸騰したお湯にぶりの切り身をさっとくぐらせ、冷水で締め、水気を切ります。
◎大根は1センチ幅のいちょう切り。こんにゃくは、1センチ幅に切り、真ん中に切れ目を入れ結びます。ごぼうは乱切りにします。
◎鍋に大根を敷き詰め、その上にぶり、ごぼう、こんにゃく、さといもを乗せ、姿が隠れるまで水を入れます。醤油、酒、みりん、砂糖で味付け。大体醤油150mlくらいいれました。煮物なので結構味が濃い目のつもりでも控えめに仕上がります。味をみながら調節してください。
◎こまめにアクをとり、煮立ったら中火にします。1時間くらい煮込んで完成。器に盛り付け、みつばと白髪ねぎを添えます。


・お好み豚汁(10杯分くらい)
豚こま切れ150g、ごぼう2分の1本、こんにゃく2分の1個、たまねぎ1個、にんじん1本、ねぎ1本、ジャガイモ2個、豆腐1丁、しめじ1パック、あわせ味噌適量

【作り方】

◎たまねぎをあらみじんにし、弱火で色づくまで炒めます。たまねぎが色づいたら、豚こま切れ、ささがきにしたごぼう、いちょう切りのにんじん、5ミリ角に切ったじゃがいも、しめじ、乱切りにしたねぎの順で炒めます。
◎全体に軽く火が通ったら、700ml程(お好みで調節してください)水を入れ、だしパックを入れてだしもとります。
◎こまめにアクをとり、沸騰したら、こんにゃくを手でちぎって入れ、2センチ角に切った豆腐も入れます。
◎白だしと赤だしのあわせ味噌で味を整え、30分ほど中火で煮込んだら完成!

【今回の点数】

83点

【二人+イッガの感想】

岩田君の後ろ姿がお母さんみたいだったのでポイントアップ。大根もぶりも柔らかくてうまかった。ただ、豚汁にもっと肉が入っていれば (徹)

岩田君がぶり大根を出してきたのには意外。目ん玉飛び出た。ただ、豚汁とぶり大根の材料が使いまわしなのがちょっと残念。 (ケイ子)

まあ、おいしいとは思うけど、俺がいつも二人からつけられてる点数から考慮すると、
73点だね(イッガ)


【岩田君の感想】

みなさん、はじめまして、岩田と申します。25歳で、たまにネンリキのお手伝いをさせて頂いています。いきなり、現れて料理を作らせて頂いて恐縮です。今日は、ネンリキ事務所に預かっていたカメラを返しに来たところ、どういうわけか料理を作る運びとなりました。二人からのオーダーは『健康にいいもの』。ラーメンとコンビニのホットコーナーを頻繁に食べている僕にとって、それはとても縁遠いテーマで困惑しましたが、それなりに頑張りました。まず、事務所の冷蔵庫を覗いてみると、あまった野菜がいっぱい。軍曹とイッガが好きなように作っている証拠です。ここから、いくつか選んで豚汁に入れました。
さらに、二人を驚かせてやろうとぶり大根にチャレンジ。味を見ながら作ったら、茨城の実家の母親が作る煮物の味に似てしまい、ああ、離れていても親子なんだなぁ、としみじみした気持ちになりました。

初参戦で、この結果には満足しています。機会があればまた、飛び入りで参加させて頂ければと思います。

p.s 軍曹へ

軍曹の最高得点をあっさりと抜きさってしまい、モチベーションが低下していないか心配です。すみません。
【2007/02/15 21:02】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』特別編~チョコぉっパイをどうにかしたくて~
20070313211203.jpg


↑   ↑   ↑
ケイ子さんにバレンタインチョコを貰い、
大喜びで頬張る佐伯軍曹。
【2007/02/14 21:12】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』特別編~チョコぉっパイをどうにかしたくて~
20070313210837.jpg


【今回のメニュー】

ケイ子&徹&イッガの『手作り金魚チョコ』

【材料】(1人前)0円

昨日、佐伯軍曹が作ってきた『チョコぉっパイ』の余り

【作り方】

◎昨日、佐伯軍曹が作ってきた『チョコぉっパイ』を溶かして、金魚の形の銀紙に注いで冷蔵庫で冷やしたら完成です。

【今回の点数】

30点

【軍曹の感想】

何?バレンタインチョコ?おーっ!うれしいね~。
今、食べちゃっていい?
なんかドロドロしてるな…おっ、これはエキゾチックな味だぞ!…このツブツブした感じはなんだろ?外国のチョコレートだなこれは。     (佐伯軍曹)

【イッガの感想】

昨日、軍曹がバレンタインデーにちなんで二人に手作りチョコを作ってきた。本人曰く『チョコぉっパイ』なるお下劣タイトルのチョコだったんだが、なぜかこのコーナーでは『そのまんまチョコパイ』というタイトルに変わってアップされていて残念。
で、肝心の味については一切触れられて居なかったので代わりにここで補足させてもらいますが、それはそれはジャリジャリしてました。食感が。
どうやら軍曹、ココアパウダーを溶かしきれていなかったらしくそれが粉っぽいというか砂利食ってるみたいな食感を生み出していたんですね。で、我々も軍曹のために頑張って食おうと思ったんですが、どうにも砂利のような食感に勝てず、苦肉の策でフォンデュ状にして食ったという訳なんですね。
それでも「Bカップ」(軍曹談)というボリュームは処理出来ず、フォンデュしてたカットフルーツも結局、そのまま食った方がうまい事に気付き、ただフルーツを食べる会になり、肝心のチョコはうんざりする状態でキッチンに残ったままだった訳なんですね。

今日も何とかしようと俺が二人に『フレンチトースト』を作り、それにそのチョコをかけて食べてみたもののやはり一向に減らないし、ちっとも美味しくない。

それに対し、ケイ子さんに貰ったバレンタインの金魚型チョコはとっても美味しい。
聞けば「実は佐伯軍曹の分も買ってある」という。
…じゃあ、それにこっそり残りのおっぱいチョコ混ぜちゃえばいいんじゃない!俺が食った金魚チョコの空き銀紙におっぱいチョコ流しこんじゃえばいいじゃない!
と、三人で丁寧に包み込んで慌てて冷凍庫で冷やしました。

…そして急遽、ケイ子さんが軍曹に「渡したいものがある」とTEL。
…思いのほか、はりきってやって来た軍曹。
…チョコを渡すケイ子さん。

そして、上記の【軍曹の感想】に繋がるのでした。
思いのほか、軍曹が早く来すぎて、チョコが固まっていなかったのですが、それでも軍曹はバレンタインチョコに浮かれたのか、全く気付いておられないようでした。結局最後にネタばらしをするまで気付いておられませんでした。さすが軍曹。我々が1点だの8点だのという点数をつけたものと全く味は一緒なのに『30点』もの高得点をつけた事実にも驚かされました。
ちなみこれをご覧の皆様、写真に写っている3つのうちの1つがおっぱいチョコの残骸です。どれか当ててみて下さい。


p.s 軍曹へ

それでも『チョコぉっパイ』は一向に減りません。
『冷蔵庫の残り物をどうにかするダービーマッチ』より先に『チョコぉっパイ』を全力でどうにかしてください。
俺はもうお手上げです。
一応大分、砂利感を無くすことには成功したので、あとは軍曹の力で何とかして下さい。ハッピーバレンタイン!
【2007/02/14 21:08】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
追伸。
20070313205946.jpg


結局チョコレートフォンデュに。
【2007/02/13 21:00】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
軍曹の『二人に食べさせたくて!』(3)
20070313205749.jpg


【今日のメニュー】
軍曹のそのまんまチョコパイ!

《材料&レシピ》 
板チョコ500g、ココアの素スプーン2杯ほど、イチゴ1個、甘栗2個、アポロチョコ2個

まず板チョコをひたすら砕き、ボールに移します。この際、砕くのではなく、よくおろし金に付いているスライスカッターで削ると楽でした。そして約5、60度のお湯を大きめのボールに入れ、先程のボールをその上に浮かせてチョコを溶かします。完全に解けきるまでよくかき混ぜます。今度はそれを約30度のボールに浮かせ、そこにホントはチョコの3%ぶんのココアパウダーを入れると、固めた際チョコを型から取り出し易いとのことでしたが、持ち合わせがなく今回はココアで代用してみました。しっかりまぜ終わったら、型に流し込みイチゴや甘栗をいれ、1日冷蔵庫で冷やし固めます。
今回はパイというコトでお茶碗にしてみました。
型から取り出した後、盛り上がった中心部を熱したスプーンで溶かしその上にアポロチョコをのせ固まれば完成!

《今回の点数》
7点


≪二人の感想≫

味、見た目、形状すべてが最低だった。プレゼントだと言っといて材料費をもらおう
としたのにもガッカリした。       1点 ケイ子

佐伯新のチョコ(おっ)ぱいを全世界の人にアクセスして見てもらいたい。
チケットよりもチョコの下の下敷きが、マドレーヌを食べた後の下敷きだったことに驚いた。       8点 徹

味よりも、そのチョコが入った箱を玄関のドアノブにこっそり引っ掛けといて二人に気
付いて貰おうという演出が迷惑でした。打合せでお客さんをお出迎えする時など、それはそれはうっとうしかったです。              13点 イッガ

《軍曹の感想と反省》

人生初の手作りチョコ!ハッキシいって大変。これ。
もし誰かからそのようなものをもらったならばちゃんと感謝すべし!諸君達。
しかし、ぶっちゃけドン引きですな。でもチョコの下にライブのチケットを隠しておくというプランは使えると思うぞ!君なら何隠す?指輪?婚姻届?Wii?デモ如何せん、チョコオッパイ。何を下に仕込もうが遠くに引いた波は戻らず。皆様決して真似しないよう!
もしあげるとするならば、直前に彼女と別れた奴に送ってやって下さい。または母親から息子に。確実にチチ離れすること請け合いです!

PS:イッガさんへ

そろそろ『冷蔵庫にあるものでチャッと作りました!ダービーマッチ』をしませんか?じゃないと冷蔵庫パンクしちゃいそうです。
【2007/02/13 20:58】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』(3)
20070313205620.jpg


【今回のメニュー】

イッガ流『Natto汁』~グッチのたぬきむすびを添えて~

【材料】(三人前)

納豆2パック、キャベツ1/4、にんじん1本、ねぎ1本、オクラ7個、豚バラ200g、油あげ2枚、豆腐1丁、みつば
味噌、和風だしの素、醤油、酒、みりん、ゴマ油

【作り方】

◎材料を食べやすい大きさにカットします。
◎納豆を刻んでひきわり状にし、ボールに移して木べらなどでこねながら潰してペースト状にします。
◎鍋に1000ccの水を注ぎ、沸騰したらにんじんを入れて茹でます。更にキャベツを入れてしんなりするまで茹でます。
◎和風だしの素少々、味噌(おたま1杯分くらい)、酒大さじ2、みりん大さじ2を入れ、豚バラ、油あげ、豆腐、ねぎ、オクラを入れて煮込みます。
◎具材がクタッとなったら、納豆、ゴマ油小さじ1、醤油小さじ1を加え汁になじむようにかき混ぜる。
◎お椀に盛り付け、みつばを添えれば完成。

【今回の点数】

69点

【二人と大堀さんの感想】

やさしい味だけど融合しすぎ、残り物食ってるみたい。 (徹)

せっかく野菜色々入ってるのに個性が出てなくてもったいない。グッチのおにぎりは美味しかった。 (ケイ子)

味はいいんだけど、素材本来の良さがわかんない。
素材を焼いて塩で食う、これが一番旨い食べ方だって。(大堀)

【イッガの感想】

今回は事務所を訪れた大堀さんにも食べさせた。

実家で食ってた田舎料理『納豆汁』をキャベツやオクラ、豚バラなどの食材を投入して都会的にアレンジ。
ポップな食べ物として提供するも、「残り物食ってるみたい」と言われた。見た目の悪さをごまかす為にみつばを散らし高級感を出すも、「残り物食ってるみたい」と言われた。
グッチ裕三氏の『たぬきむすび』(NHK「今日の料理」より)を付け合せに出し、イッガとグッチの夢のコラボを完成させるも「グッチのおにぎりの方はおいしい」「イッガのは残り物食ってるみたい」と言われた。
いやまあ確かに旨いけどさぁグッチは。
イッガのNatto汁も結構旨いと思うんだけどなぁ俺は。野菜のぐったり具合がいいんだってば。


p.s 軍曹へ

俺、今年草野球チーム作るんで人が足りない時は是非人数合わせで来てください。よろしく。


【2007/02/11 20:56】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』(2)
20070313205429.jpg


【今回のメニュー】

『イッガの、まぐろでドンとやってみよう』

【材料】(二人前)1050円

ご飯300g、まぐろ(赤身)200g、納豆1パック、山芋100g、ねぎ少々、大葉3枚、白ゴマ、刻み海苔、卵(卵黄)1個
味噌、めんつゆ、みりん、マヨネーズ、ゴマ油、ワサビ

【作り方】

◎ボールに、味噌大さじ2、めんつゆ大さじ1、みりん小さじ1、マヨネーズ小さじ1、ゴマ油小さじ1、卵黄1個、ワサビ(お好みで)を入れよくかき混ぜます。
◎そのタレにまぐろの切り身と刻みねぎ少々を入れて絡め、数分漬けます。
◎丼にご飯を半分の高さまで敷き詰め、その半分に納豆(市販のタレで絡めたもので結構ですが、もろみ酢や黒酢のタレの方がいいです)を、もう半分のスペースに摩り下ろして多少めんつゆで下味をつけた山芋を敷きます。
◎その上に更に残りのご飯を納豆と山芋が隠れるように敷き詰め、その上に漬けておいたマグロをきれいに並べていきます。
◎最後に白ゴマをふりかけ、刻み海苔と刻んだ大葉を添えれば完成です。

【今回の点数】

91点

【二人の感想】

最高。疲れた身体にしみた。
温かい汁がつけば100点かも。 (徹)

さっぱりしていておいしかった。疲れていたのでホントよかった。ありがとう、イッガ。
温かいお茶がついていれば100点かも。 (ケイ子)

【イッガの感想】

まさかの高得点が飛び出た!ジャンク慣れしたイッガの舌的には「なんか味薄いな」とも思ったが、結果的に疲れたお二人にはやさしい味となったようだ。結果オーライ!意図的にそういう味付けにしたことにしておこう。
それにつけても「おいしい」とか「ありがとう」って出張料理人冥利につきるね。涙が出そうになるね。
でも温かい汁を添えなかったことが悔やまれるね。みすみす100点のチャンスを逃したね。まあでもこんな早く100点出しちゃうと軍曹の戦意を喪失させちゃうからこれはこれでよかったね。
ちなみにこれ手軽にちゃちゃっと出来ますんで、どーぞ受験生のお子さんを持つお母さん、お子さんのお夜食にでも作ってあげてください。温かな汁をつければ100点です。
ちなみに、納豆はもろみ酢とか黒酢で絡めた方がちょっとした酢飯感が出るのでお勧めです。
ついでに言えば、①半分を納豆、②半分をとろろで分けたのはまずそれぞれの味を楽しみつつ、更に③それを混ぜて食べるとまた違う味が楽しめるという意図での盛り付けなので
お子さんが食べる際はそのおいしい食べ方を教えてあげた方がいいと思います。
「おっ、何これ、納豆(とろろ)隠れてる」
というセリフが飛び出た時がチャンスです。いい気になって教えてあげて下さい。
俺はそれを伝え忘れたので、①②③のおいしい食べ方を二人に気付いて貰えませんでした。気をつけましょう。

p.s 軍曹へ

こんにゃくの呼び名と「さしすせそ」の件ですが、どうやら最近はインターネットというもので色々調べられるようなので、どうぞはりきってググってみてください。
または死に物狂いでヤフってみてください。
【2007/02/07 20:54】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
軍曹とそぼろ肉丼
20070313205032.jpg


ネンリキにて。
【2007/02/04 20:51】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
軍曹の二人に食べられたくて(2)
20070313204659.jpg



【今日のメニュー】
軍曹のそぼろ肉丼大人味

《材料&レシピ》
豚牛合挽肉300g、こんにゃく1枚、玉葱3個、醤油オタマ1杯、料理酒オタマ1杯、みりんオタマ1杯、水400ml、片栗粉少々、ねりワサビ、柚子胡椒
(3人前/1125円)

まずこんにゃく1枚を細かく微塵切りにする。半分はお米と一緒に炊く(今回は土鍋炊き)。
その間に玉葱を3玉千切りにし、水に浸しておく。
そして鍋に火をかけサラダ油少々入れ、そこに豚牛合挽肉300gを入れて炒める。軽く火が軽く通ってくるとそこに先程の余ったこんにゃくの微塵切りを入れて更に炒める。肉に火が通ればそこに水400mlを加え沸騰させます。灰汁をとったら火を中火にして料理酒オタマ1杯、醤油オタマ1杯、みりんオタマ1杯の順番で入れて味を整えます。この際、若干味濃いめにしといて下さい。
そうこうしているうちにご飯が出来上がるのでそれに伴い鍋に先程の玉葱の千切りを半分以上入れ火を通します。そして水でといだ片栗粉少々入れトロ味を出します。玉葱がまだ完全に火が通り切ってないうちに火を止めて盛り付けます。
その際、ご飯の上に再度先程の余ったの玉葱の千切りをご飯が軽く隠れる位に敷き詰め、その上に鍋の具を盛り付け、仕上げに練りワサビ&柚子胡椒をのせたら完成!

《今回の点数》
75点

≪二人の感想≫
軍曹が生の食感を生かすために入れたタマネギだったがもう少し火が通ってる方が好み。見た目は茶色で地味だが、土鍋で炊いたご飯とユズ胡椒は感心 徹

山盛りで見ただけでお腹いっぱいになったけど、わさびと柚子胡椒のおかげでたくさん食べれた。わさびいいよ。わさびに50点くらい。けど、爆弾スープの方がインパクトがあったのでちょっと点が下がった。あと、見た目で点が20点下がった。 ケイ子

《軍曹の感想と反省》
今回は前回の反省を活かし、ご飯を土鍋で炊く事に!しかもお米のした処理をし、土鍋持参!このもてなしの優しさ?海原雄山ならなんと言うかな?
そして俺の常なるテーマ。食材を変に余らせない!一人暮らしの方必見!こんにゃくを使い切り、なおかつ触感を与えるアクセントにヘルシーにダイエットに!今回の影の主役の評価が伝わらず残念山のごとし。
あと兎角丼物はご飯が最終的にタレでぐずぐずになるのをさけ、具とご飯の間に玉葱を敷き詰めなおかつタレにトロ味を加えてみたが、イマイチトロ味もあまく、シャキシャキ玉葱もお好みではないらしく、反省。
全体的に男子学生が好きそうな感じになってしまったのも反省。
しかしワサビと柚子胡椒は俺の読み通りのこう感触には満足!
コレを見た男子学生持ちの主婦、一人暮らしのボーイズ&ガールズ!お試しあれ!!!

PS:イッガさんへ
こんにゃくの単位の呼び名はなんですか?
それと「料理のさしすせそ」ってなんでしたっけ?
【2007/02/04 20:45】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』(1)
20070313204059.jpg


【今回のメニュー】
『イッガ流・ゴボウナ~ラ』

【材料】(二人前)1400円

パスタ200g、ゴボウ1/3本、鶏挽き肉(モモ)100g(ツナでも可)、えのき茸1袋、玉葱少量、卵1個、にんにく1欠、アサツキ、白ゴマ、きざみ海苔、しっとりタイプのふりかけ(おかか、もしくはじゃこ)、
オイスターソース、オリーブオイル、バター、塩、砂糖、酒、ゴマ油、ラー油

【作り方】

◎沸騰したお湯でパスタを塩茹でします。
◎フライパンに潰したにんにくを入れオリーブオイルで軽く炒めます。更にみじん切りにした玉葱を少量加え炒めます。
◎スライスしたゴボウを加え火が通るまで炒めます。更に少量のバター、えのき茸、鶏挽き肉を加え、大サジ1杯半程度の料理酒と共に炒めます。
◎湯切りしたパスタを投入し、オイスターソース(大サジ3杯程)と砂糖(小サジ1/2程)、塩少々で味付けし絡めます。
◎火を止めて、卵1個を落とし余熱でパスタに絡めます。更に、ゴマ油大サジ1杯、ラー油小サジ1杯を加え絡めます。
◎皿に盛り付けて、みじん切りにしたアサツキ、白ゴマ、ふりかけ、きざみ海苔をまぶして完成です。

【今回の点数】
69点

【二人の感想】

イガリ味で新鮮味に欠けた。ビールはおいしく飲めたのでよかったと思う。(ケイ子)
味はいいがぬるい。温かいものが食べたかった。(徹)

【イッガの感想】

アメ横で買物してたらいきなり「今日なんか作って」と電話が来たのでその足で事務所に直行する。
友人ら数人にチヤホヤされたメニューを第1回目から二人にぶつけてみるも、まさかの低評価。
結構俺の料理を食い馴れてる二人にしてみれば新鮮味が足りなかった様子だが、
ビールを飲みたくさせたそのスナッキーな味付けぶりにイッガ智三たる所以は出せたと思う。
でもその反面、俺の料理は出前やコンビニみたいな味だっていう事にも改めて気付いた。「二人に出前や弁当以外のものを食べさせたい」という主旨で始まったこの企画の意味が早くも崩れた。

P.S 軍曹へ
玉葱あるの知らなかったからまた玉葱買ってしまいました。今、腐るほどあります。どうにかして下さい。
何ならこれで例の泥カレーまた作ればいいじゃない。

【2007/02/02 20:42】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。