ランキング。クリックするとこのブログの順位がわかりますよ

PROFILE

佐伯二等兵(右奥)&イッガ智三(手前)&イットリ先生(左奥)

  • 佐伯二等兵(右奥)&イッガ智三(手前)&イットリ先生(左奥)
  • 現在、一年間夕食に毎日カレーを食うチャレンジ中。

    ◎ルール  
    細川は毎日カレー食べる前の写真と完食したあとの写真を夜十時までに、ブログにアップ。もしくは佐伯二等兵にメールする。写真が送られなかった場合、その時点でアウト。

    ◎ペナルティ
    細川がカレーを一年食べきった場合
    →細川が勝ちとなりペナルティとして佐伯二等兵は一年間、鼻毛をのばしつづけなければならない。


    細川がカレーを一年食べられなかった場合
    →佐伯の勝ちとなり、細川は、一年間、ヒゲをのばしつづけなければならない。

    ◎細川徹(男子はだまってなさいよ!)
    コントを書いたり、テレビブロス連載したり、ハナクソンズとして映像を作ったり、出演したり。

    舞台「男子はだまってなさいよ!」作・演出
       「シティボーイズミックス」作・演出
       「ONアベックホームラン」作・演出
    脚本「おじいさん先生」
    DVD「ハナクソンズ」
    著書「ニュー大人の時間ですよ!」
       「テレビぼうや」
       「図解 世界のしくみ」
    作詞「フォークシンガー小象」のほぼすべて
    など

    ◎ご飯を作ってくれる男たち     
     
    二等兵・・・普段は役者。「おれ結構料理作ってる」と言う佐伯軍曹だったが、言うわりに、あまりにひどい料理なので、「二等兵」に格下げ。得意料理・・迷彩色の料理。キム兄を気取った粋な料理。


    イッガ智三・・・普段はライター。料理のアイデアは、グッチ裕三のレシピから。そのため、「イッガ智三」と呼ばれる。好物はカルテットというパン(ハムカツ、焼きソバなど四種類の具が入ったデブがすきそうなパン)。得意料理…ジャンクフード。エスニック。デザート。
  • RSS

MONTHLY

CATEGORY

SEARCH

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】  スポンサー広告  *   トラックバック(-)  *  コメント(-)  *  
イットリの二人に食べさせたくて(17)
20070413054722.jpg



【今日のメニュー】

イットリの鯖味噌と陽気な仲間たち鍋

【今回の点数】

70点

【二人の感想】

鍋と言われても別に鍋じゃない。一見シャレた雰囲気。おいしく頂いたが、肉が入ることでなんだかわからなくなった。
                    ・・・70点(徹)
鯖の味噌煮にしては凶暴だった。肉と野菜の上に鯖の味噌煮が乗っている・・・。脳みそが、これが何の料理なのか、判断できなくなった。肉が入ってりゃいいってもんでもない。
                    ・・・70点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】

鉄鍋の中に野菜と肉を盛り、その上から鯖の味噌煮と味噌ダレをぶっかける。
この時点でもう、何がなんだかわからない料理なのに、写真が手ブレしてしまっていて、モザイクがかかったようになってしまっています。
カオスです。イットリです。

このブログをご覧の皆様は、あ、ここが肉で、ここがにんじんだな、するとこれはブロッコリーか?
などと想像して楽しんでください。でも、写真左上の緑は、ブロッコリーじゃなくて菜の花です。

見る人の想像力に委ねるというお料理ブログもありません。すみません。次からは、もっと綺麗な写真を撮ろうと思います。

しかし、今回のコンセプト、僕は決して外してないと思います。
このメニュー、絶対男子学生にウケます。
味が濃くてボリュームがあって、肉も野菜もたっぷり食べられる。
まるで、ラーメン二郎のような素晴らしいメニューです。

ラーメン二郎とは、東京を中心に展開する暴力的なラーメン屋さんです。
暴力的というのは、店主が凶暴な訳ではなく、出てくるラーメンがかなり圧死させられそうなほど強烈なのです。
※写真参照。

20070413054604.jpg




このような外見のため、、女子ウケはイマイチですが、男子学生ウケはピカイチです。


ボリュームという概念は、時として人に大いなる満足感を与えてくれます。
たとえ食べきれなくて残してしまっても、おなかいっぱい食べたという充足感。
頑張って食べきったのなら、苦しさに耐え、全てを平らげた征服感。

ボリュームこそ、料理の命です。
ボリューム万歳!

しかし、二人はそのボリュームという価値基準そのものに抵抗があった模様です。
それ以前に、魚と肉を同じ器に盛るというのにも。
肉は肉、魚は魚で、別皿で出したほうがもっと点数が高かったかもしれません。

ボリュームは控えめに、腹八分目に。


p.s:ボリュームについて
油っこくて量が多い料理(主にラーメン)が得意ではなかった2人ですが、最近、少しずつ好きになってきているような気がします。非常に良い傾向です。




○鯖の味噌煮と仲間たち鍋
【材料】3人前
鯖3切れ、豚ばら肉300g、しょうが2かけ、ねぎ1本半、大根8分の1本、にんじん1本、菜の花1束、たまねぎ1本、みそ大さじ5、酒4分の2カップ、しょうゆ大さじ2、砂糖大さじ4、水1カップ、だし汁適量、片栗粉適量、すりゴマ

【作り方】
◎大根は1cm輪切りを四等分、たまねぎは8等分、にんじんは食べやすい大きさに切る。
◎だし汁を煮立てて、野菜と肉を煮る。火が通ったら別皿にとっておく。
◎しょうがは薄切りにし、調味料は合わせておく。
◎鯖はざるにとって、熱湯をかけて臭みを取る。
◎フライパンに、調味料としょうが、長く切ったネギを入れて火にかける。
◎煮立ったら、鯖を入れ、蓋(アルミホイルで作った落し蓋でも)をし、弱火にして20分程度煮る。
◎水溶き片栗粉でとろみをつけて、器に盛る。軍曹ヘルメット鍋に野菜と肉を敷き、その上に鯖味噌を乗せ、タレをかけたら完成!
スポンサーサイト
【2007/03/31 05:48】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリの2人に食べさせたくて(16)
200703231853000.jpg



【今日のメニュー】

イットリの甘酸っぱニラタマ

【今回の点数】

44点

【二人の感想】

酸っぱさが不快さを生む。フォローが出来ない。安い学食で学生がしかたなく食べるような味。今も記憶の中でどんどん点数が下がっている。
                    ・・・48点(徹)
食べたことがない味だった。体が拒否した。食べなくてもいいと言われたら食べなかった。それぞれの材料がマッチングしてない。味付けが、卵、酢、塩、油・・・これはマヨネーズだ。
                    ・・・40点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】

おかしい・・・。今回のメニュー、僕はおいしくいただけたのに、なぜ。
はっきり言って、過去に高得点を出した自作メニュー・春おでんよりおいしくいただけました。
どうして2人にはうけつけないのか・・・。

その謎を解く鍵は、五月女さんの感想にありました。
今回のメニューの材料は、豚肉とニラときのこのほかに、卵、酢、塩、油・・・そうですマヨネーズです。
これは、マヨネーズが出来上がってしまう材料だったのです。
ちょっとしたキッカケさえあれば、ただの豚肉のマヨネーズ炒めに突然変異しそうな材料を、僕は知らず知らずのうちに使っていたのです。
恐ろしい・・・。意識せずにそのような材料を選択していたなんて。

僕の心と体が無意識下でマヨを渇望していたのです。今回のメニューは、僕の本能が警告した、不足していたマヨネーズを補うべきというメッセージだったのです。
そういえば、僕はマヨネーズが大好きなのに、ここ2、3日とっていませんでした。ごめんなさい、マヨネーズさん。これからは、毎日食べますからね。

というわけで、僕は、マヨを欲していましたが、当然2人はマヨを欲しておらず、それどころかあまり好きではないため、この低得点にあいなったわけです。


全ての謎が解けました。



p.s:前回の僕の写真について
前回のスープチャーハンの写真ですが、鍋敷きに封筒を使っていたり、チャーハンの横に鉛筆が転がっていたりと、お料理のブログなのに、まったく食欲がそそらない写真でごめんなさい。
お料理専門のカメラマンがいる時代に、まったく無頓着すぎました。もっと、おいしそうににうつるように研究します。



○甘酸っぱニラタマ
【材料】3人前
豚ばら肉200g、ニラ2分の1束、卵2個、タマネギ2分の1個、えのき2分の1束、しめじ2分の1パック、酢大さじ2、塩少々、醤油大さじ1、サラダ油適量、ごま油少々、砂糖小さじ1、出汁の素少々
         
【作り方】
◎ニラは5センチ幅、タマネギは薄切り、しめじは半分に切ります。
◎フライパンにサラダ油を敷き、塩と砂糖少々を入れた溶き卵を溶き流しいれ、いり卵を作り、別皿に置いておきます。
◎また油を引き、豚バラを炒め、色が変わったら、タマネギ、きのこの順で炒めて最後にニラを入れます。
◎ニラがしんなりしてきたら、別皿に置いておいた入り卵を加え、酢と塩と砂糖と醤油で味付けします。
◎最後に、ごま油を小さじ1回しいれて完成!

※写真は、卵投入のタイミングを後回しにしてしまったため、卵がぐちゃぐちゃになってしまっています。
あらかじめいり卵にしたものを加えると、きれいないろどりになります。ただし、味は保証しません。

※写真、左上はオニオンスライス。タマネギを細く切り、水にさらしたものにポン酢とかつお節をかけただけです。右は、前回のスープチャーハンのスープをコーンスープにアレンジしたもの。中華スープにスィートコーンを加え、塩コショウで味を調えただけです。

【2007/03/30 21:24】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリの2人に食べさせたくて(15)
20070408201637.jpg



【今日のメニュー】

イットリの春キャベツのぶっかけスープチャーハン

【今回の点数】

68点

【二人の感想】

うまいってのが70点だったら、まあ、うまい、くらいかな。時間がちょっとかかったから点を引いた。
                    ・・・67点(徹)
チャーハンはこだわりが感じられたけど、化学っぽかった。チャーハンは素材が命だから、化学が入ってないほうが点が出る。
                    ・・・69点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】

はっきり言って足軽兵さんもイッガさんもライバルです。敵です。
なので、被りそうな料理は早めに手を打つのが吉。やる前にやる。
先手必勝、攻撃的なイットリです。

今日は、スーパーへ買出しに行くことが出来ませんでした。
なので、冷蔵庫にある野菜と、近所のコンビニのホットコーナーの焼き鳥を二人に黙ってこっそり使用。
ホットコーナーが嫌いな二人に、少しずつホットコーナーを混ぜたメニューをお出しして洗脳していこうと思います。
幼児にこっそり嫌いな野菜を食べさせる手法と同じです。
要はバレなければいいのです。


ご飯もいつもは炊いているのですが、米の残りが無かったためコンビニのライスです。
まったく経済的ではありません。こんなんじゃ主婦の方の支持は集められません。
頑張ります。

普通のチャーハンだけじゃ、寂しいと思ったのでスープチャーハンにトライ。
卵絡まるパラパラ黄金チャーハンに、キャベツを中心とした中華スープをかけていただきます。
まっさきにチャーハンに手を出したのに結果は微妙・・・
まあ、材料が冷蔵庫の余りものですから、当然といえば当然です。
また近いうち、リベンジをしようと思います。

余ったチャーハンはおにぎりにして、夜食にしました。
そちらのほうが2人に好評だったのにはなんだか一抹の寂しさを感じました。
良くとらえれば、冷えてもおいしいチャーハンですが、悪くとらえるとスープは余計だったということです。


p.s:足軽さん・イッガさんへ
チャーハンをお先に作っちゃいました。でも、結果的に点数が合格点に届かず。こうなったら、足軽兵さんとイッガさんの得意なチャーハンを2人に披露して、僕のかたきを取ってください。やっぱり、僕ら、仲間ですよね。




○春キャベツのぶっかけスープチャーハン
【材料】3人前750円(※ネンリキの冷蔵庫にある材料も含む)
チャーハン:温かいご飯2合、卵4個、しいたけ4個、コンビニのジャンボ焼き鳥(塩)1本、ネギ少々、おろしにんにく少々、おろししょうが少々、中華だし少々、塩適量、醤油少々、ごま油少々、サラダ油適量

スープ:キャベツ8分の1個、にんじん4分の1本、たまねぎ2分の1個、中華スープ600cc程度(中華だし使用)、塩少々、コショウ少々、ネギ4分の1本、片栗粉小さじ2
          
【作り方:チャーハン】
◎温かいご飯をボールにとり、生卵を入れて良く混ぜ、卵ご飯を作ります。(こうすることにより、卵がご飯をコーティングし、パラパラチャーハンが出来上がります。)
◎フライパンにサラダ油を敷き、おろしたにんにくとしょうが小さじ1程度を入れます。
◎みじん切りにしたネギと食べやすい大きさに切った焼き鳥を炒め、その後、作っておいた卵ご飯を入れて強火で炒めます。
◎塩と醤油と中華だし少々で味を整え、ご飯がパラパラになったら小さじ1のごま油をまわしかけて完成!

【作り方:スープ】
◎キャベツはざく切り、にんじんは短冊切り、タマネギは薄切り、ネギは斜め切りにして、中華スープで煮込みます。
◎柔らかくなったら、塩コショウで味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成!チャーハンにかけていただきます。

【2007/03/27 20:17】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(3)  *  
イットリのイッガに伝えたくて
イッガ智三さんへ


最近すっかりネンリキに現れませんが、
イッガさんが女の子達をに自宅に呼んで、
料理を振舞っているらしいとの噂を耳にしました。


イットリ



【2007/03/23 22:36】  事件  *   トラックバック(0)  *  コメント(40)  *  
イットリのあがりかまちがなんだかわからなくて



五月女さんが、あがりかまち君の歌を作りました。
再生ボタンをクリックすると見られます。

あがりかまちとは何者なのか謎ですが、
最後まで見ると謎が解けるかもしれません。

結果は秘密です。
みなさんも最後まで見てください。


クリックできない方はこちらへ↓
www.housingnavi.jp/edit/yougo/sp_index.html





【2007/03/22 23:19】  事件  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の僕もカレーうどんを食べたくなって
20070326225520.jpg


イットリです。二等兵さんは、本日僕がネンリキにいるとは思っていなかったらしく、僕の分のカレーうどんはありませんでした。

充満するカレーのいいにおいに、脳みそが支配されてしまい、仕事が手につかなくなったので、僕もネンリキにあるあり合わせの材料で、カレーフォーを作って食べました。二等兵さんにもお出ししました。

レシピは、普通のカレールーで野菜を煮込んでフォーを入れ、とろみを付けただけの簡単なものです。

この日、二等兵さんと細川さんと五月女さんは、フィギュアスケートや野球の話題で盛り上がっていました。意外に皆さん、スポーツが詳しくてびっくりしました。

そんな話で盛り上がっていたら、僕は終電を逃してしまいました。漫画喫茶に泊まろうと思っていたら、二等兵さんが「イットリ、俺んち来いよ」と。

そんな二等兵さんのご好意に甘え、お家に一晩泊めていただきました。2人で、いろいろなことを語り合いながら夜を明かしました。二等兵さんが、「この部屋で寝ろよ」と言って案内してくれたお部屋には、布団が綺麗に敷いてあり、スウェット上下が用意されていました。二等兵さんの男気の中に、優しさを垣間見た瞬間でもありました。「二等兵」さんとお呼びするのが、なんだかふざけている様で申し訳なく思えてきます。

ちなみに、田舎に泊まろうのように一宿一飯の恩義はせず、置手紙を残してそっと帰りました。

pattiwa-ku.jpg



写真は、二等兵さんのお母さんが毎年お正月になると送ってくるというパッチワーク。今年の干支のいのししです。盗撮しました。

このお料理バトル用のパッチワークを作ってもらえないかと、ただいま鋭意交渉中です。



【2007/03/21 23:50】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(2)  *  
二等兵の二人に食べさせたくて (7)
20070326225057.jpg

足軽兵の服が汚れないカレーうどん!


評価
なにかが足りないのか、餡と麺のバランスが上手くいってないのか?
多分醤油出汁のほうがよかったんじゃないのか。でも麺はうどんになってたよ。
                           徹72点

麺とねぎの辛さで刺激が強かった。でもこの麺には可能性を感じた。
                          ケイ子86点


閃いた!もしこれが成功したらカレーうどんの革命が起きるんじゃないか!?
なんてちょっと興奮したが、例のパーティの教訓を活かし、前日に一度作ってみる。
「…不味くない。
…しかし革命は起きてない」

なにがいけないのか?いまだにはっきりしません。二人に食べてもらったが具体的な解消法が見当たらなかった。
次はこの麺で焼きうどんに挑戦してみようかと思います。
どうかこれ見た人もチャレンジしてみて下さい。もし旨く出来ればあなたが革命者!
プロの方もバクっていいよ!


レシピ&作り方
洋服の汚れないカレーうどん
強力粉300g、玉葱一玉、挽き肉50g、カレー粉約30g、ネギ、ゴマ少々、鰹節、塩、片栗粉、薄力粉、水
1,ボウルに強力粉300gとカレー粉約30gを入れ、水150ccに塩15gを溶かし混ぜ、ひたすらこねる。
2,強力粉などがだまにならないようこねてボウルにつかないようになったら強めなビニール袋にいれて足でひたすらこねます。
3,それを風通しのいいところで一時間寝かします。
4,その後まな板にたっぷり薄力粉をひき、?を棒で薄くなるまで延ばします。そして切りやすく折り畳んでから切り、麺の完成!
5,ダシ汁を作り、そこに挽き肉と玉葱のみじん切りしたものを入れ、塩や醤油で味を整え、最後にといだ片栗粉を混ぜ餡の完成。
6,餡を作っている間に麺を茹でます(約十分)。
7,器に麺を入れ、上に餡をかけ、大葉とネギの千切りと胡麻を散らせば出来上がり!




20070326231712.jpg

 
足軽兵のイチゴクレープ

これは評価とかはないのですが、二人がッてか皆が甘いものを食べたそうだったので、そしてイチゴがそろそろ傷んできそうだったので作ってみました。そして「俺、クレープの生地焼くの得意だよ」なんて口を滑らしたばっかりに作ることになりました。
その時ふと当時付き合ってた子のことを思い出してました。何故ならその彼女が何度かクレープ作ってくれて、作り方も教えてくれたからです。因に厚焼き玉子の作り方も教えてくれました。
僕が今こうして料理を作るようになったのもその子のお陰かも知れません。男はそうやって成長していくのかも知れません。なんだか今、彼女との思い出が8ミリ映画のような甘い映像で僕の脳裏に流れてます。
「今よ!今生地をひっくり返しなさい。」
そんな声がしたかしないかわかりませんが、そうこうしているうちに生地はしっかり焼き上がり、当時と同じように焼き上がりました。
するとテーブルに微かにラッピングされた小瓶が目に入りました。中にはヨーグルト茸のようなものがはいってました。
コレ何?ってきくと五月女さんが、
「マシュマロだよ。イットリ先生がホワイトディに作ってきてくれたの」
すすめられて食べてみましたが、何処からもマシュマロは感じられませんでした。そしてそてもうこの後二人は手をつけないだろうという雰囲気が漂ってました。でもなんだか優しい甘さがありました。
今思えばこの時の僕の心情が「優しい甘さ」に包まれてたのかも知れません。僕はそんなマシュマロが不憫でならなく思い、気がつけばクレープにトッピングしてました。
勿論二人には内緒で出してみると二人は美味しい美味しいと食べてくれました。
特に徹クンはお代りまでしたので、気兼ねなくマシュマロを入れてみました。さすがにクレープからマシュマロが顔を出してたので微妙な顔をしてました。

因に当時付き合ってた彼女の顔は何故か思い出せませんでした。
でも思ひ出ってやっぱり甘いものですね。


レシピ&作り方
天婦羅粉、玉子1個、水、イチゴ1パック、練乳、マシュマロ約10個(イットリ先生の自家製)、バター少々

1、ボウルに天婦羅粉と水を適量と玉子1個を入れ、溶きます。ポイントはあまりトロ味がなく、シャバシャバな感じにしときます。
2、フライパンにバターをほんのちょっと入れ弱火で温めます。そこに?をお玉1杯分を入れ、フライパンをまわすように動かし、薄くまんべんなく拡げます。かるく火が通ってくればひっくり返します。火が通れば出来上がり。それを?が無くなるまで繰り替えします(バターは1回目以降はもういりません)
3、あとはクレープ屋さんで見るように、イチゴを食べ易い大きさに切り、マシュマロとともにトッピング。上から練乳をたらし、さもクレープのように生地を包めば完成!



【2007/03/21 22:51】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の2人に食べさせたくて(14)
supageteli-.jpg



【今日のメニュー】

イットリの本領発揮ホットコーナースパゲティー、アレンジクラムチャウダー

【今回の点数】

72.5点

【二人の感想】
ゆで卵が出るのが遅い。けど嫌いじゃない。嫌いじゃないし、ボリュームがあるんだけど味のインパクトがない。
                    ・・・75点(徹)
ホットコーナーは好きじゃないけど、今日は気分にマッチしていた。ベーコンの塊はちょっと苦しい。ゆで卵と中和させてみたら、もっと苦しい。
                    ・・・70点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】

ホットコーナーとは、コンビニの横にあるフライドチキンなどの揚げ物を売っているコーナーです。僕は、ネンリキに来るまでの道中のローソンのホットコーナーで、頻繁に、フライドチキンやアメリカンドッグを買っては、歩き食いをしています。その瞬間は、なにものにも代えがたい、まさに至福のひと時です。でも、そのせいか最近、急激に太ってきています。

イットリです。本日、二人から出されたお題は、「ホットコーナーを使用した料理」。なので、今回は某コンビニのフライドチキンを使用しました。フライドチキンとマヨネーズは非常によく合いますが、油×油というデブの素ですので、みなさん食べる際には覚悟して食べてください。

今回は、ペペロンチーノにマヨチキンを乗っけた形ですが、それだけだと2人はしつこすぎて、吐くと思ったのでミツバと生タマネギを混ぜ込んでさっぱり感を出しました。結果、合格ラインの70点に乗ることができました。ミツバとタマネギがなかったら、かなり危なかったと思います。

今日の料理を通じて、2人には、僕の味覚が認められたようで、嬉しかったです。これをキッカケにして、今後ともホットコーナーの普及に努めようと思います。頑張ります。


p.s:二等兵さん・イッガさんへ
お2人もホットコーナーを効果的に使った料理を作ってみてください。ホットコーナーは、100円ちょいのものが多いので、ちょこっとだけ鶏肉がほしい!という時には便利です。でも、しっかりと油っこい味付けがされていますが。


○本領発揮ホットコーナースパゲティー
【材料】3人前1250円(※ネンリキの冷蔵庫の材料も含む)
スパゲッティー200gくらい、にんにく1片、ベーコン100グラム、フライドチキン3本、みつば2分の1束、タマネギ2分の1個、マヨネーズ適量、オリーブオイル適量、塩小さじ3、胡椒少々、鷹の爪1個、ゆで卵3個、
          
【作り方】
◎パスタを茹でます。
◎パスタを茹でている間に、フライパンにオリーブオイルを敷き、薄切りにしたにんにくと輪切りにした鷹の爪を弱火で焦がさないように炒めます。
◎にんにくが色づいてきたら、厚めに切ったベーコンも炒めます。
◎フライドチキンは、骨と分離させ、食べやすい大きさに切り、ざく切りにしたミツバと、薄切りにしたタマネギとともにマヨネーズと胡椒少々で絡めておきます。
◎パスタが茹で上がったら、大さじ2くらいの茹で汁とともにフライパンに移し、味を見ながら塩を振り掛けます。
◎皿に盛り、マヨネーズで和えたチキンとミツバとタマネギを盛り付け、ゆで卵を添えたら完成!



20070326223913.jpg


○アレンジクラムチャウダー
【材料】3人前
※昨日の残りの野菜スープ500cc程度(味付けはただのコンソメスープです)、あさりの剥き身150g、牛乳200cc、塩・胡椒適量、クラッカー適量、パセリ少々、バター少々

【作り方】
◎コンソメスープにアサリを投入し、煮込みます。
◎牛乳を加え、沸騰させないように調節しながら、塩、胡椒で味を調えます。
◎仕上げにバターを少々加え、器に盛ってパセリを散らし、お好みでクラッカーを砕いて入れれば完成!
【2007/03/18 22:42】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の二人に食べさせたくて(13)
20070326211830.jpg



【今日のメニュー】

イットリのアップル&ジンジャーポーク、にんじんのグラッセ、もりもりキャベツ

【今回の点数】

68.5点

【二人の感想】

味が濃い。辛い。これじゃご飯がいくらあっても足りない。量を増やしてくれ。もうお腹が減ってきた。にんじんはおいしい。
                    ・・・68点(徹)
ご飯が進む。もっとおかずがないと、食後1分くらいにお腹が減る。砂糖の代わりにリンゴを使ったデザートを考案してほしい。
                    ・・・69点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】

豚肉のショウガ焼きをマイルドにするために、リンゴを加える。個人的にはなかなかナイスな発想&旨さだと思ったのですが、いかんせん量が少なかった。イットリです。

味付けが濃いため、箸が進み、2人の皿はあっという間に空に。いいことなのですが、点数は合格点の70点に届かず。おしいところです。これで肉の量を増やし、味をもうちょっとだけ控えめにしたら高得点が狙えたかもしれません。

でも、皆さんいつもの豚のショウガ焼きに、すりおろしリンゴを加えてみてください。ほんのり甘くなり、お肉が柔らかくなる、気がします。

ちなみに、にんじんのグラッセは、田舎の母親がよく作ってくれた、正真正銘のおふくろの味です。



p.s:二等兵さん・イッガさんへ
おふくろの味で思いつきました。今度、郷土料理対決とかどうですか?地元の珍味とか取り寄せてみたりして、みんなで味わいましょう。


○イットリのアップル&ジンジャーポーク
【材料】3人前1100円(※ネンリキの冷蔵庫の材料も含む)
豚バラ300グラム、ショウガ2分の1個、リンゴ2分の1個、にんにくチューブ小1、ネギ4分の1本、醤油大2、みりん大1、酒大1、塩少々、ごま油少々
          
【作り方】
◎ショウガとリンゴはすりおろし、ジップロックなどのビニール袋に豚肉とともに入れる。ニンニクも加える。
◎醤油とみりんと酒と塩を加え、よく揉んで味をなじませる。そのまま、30分程度置いておく。
◎フライパンで斜め切りしたネギと一緒に、漬け汁ごと豪快に炒め、最後にごま油を少量垂らして完成!


○イットリのおふくろの味にんじんグラッセ
【材料】3人前
にんじん2分の1本、コンソメ1ブロック、塩少々、砂糖大さじ2、バター大さじ2、パセリ少々
          
【作り方】
◎適量の水で溶いたコンソメスープでにんじんを煮る。
◎箸が通るようになったら、鍋から取り出して、塩、砂糖、バターを弱火で絡める。
◎砂糖が溶けて粘りが出てきたら、パセリを散らして完成!


○イットリのもりもりキャベツ
【材料】3人前
キャベツ3枚、ごま油小2、塩小1
   
【作り方】
◎キャベツをざく切りにし、ごま油と塩を絡める。


【2007/03/17 00:00】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の二人に食べさせたくて(12)
20070326201924.jpg




【今日のメニュー】
イットリの和風オムライス三重奏

【今回の点数】

72.5点

【二人の感想】
アッサリしていてよかった。春のオムライス。胸が躍った。ただ、タレと卵が塩辛かった。玉子は塩抜きの方で評価しています。
                    ・・・75点(徹)
ご飯がおいしかった。玉子は塩辛かった。春っぽかった。
                    ・・・70点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】
おしい、もう一歩!という感じでした。イットリです。
今回のテーマは、和風オムライス。オムライスのご飯、玉子、ソース、全て和風にしたらどうだろう、うまいんじゃないか、と思ったのがキッカケで考案したメニューです。どうせなので、季節をとりいれた筍ごはんに。ネンリキに爽やかな春の風が吹きました。

ただ。たびたびやってしまうことなのですが、今回も塩辛かったです。三度目の塩害です。今回は、チキンやマーボのときほどではなかったものの、2人の血圧はややハイになったと思われます。味を見れない料理(オムレツの玉子など)は塩加減が難しいです。

でも、しょっぱいものが大好きな僕にとってはちょうどいい感じでした。たぶん、この当たりの味覚というか体質のギャップをうまく調節すれば、さらなるポイントアップが狙えると同時に、僕も少しずつ痩せていくのだと思います。


p.s:二等兵さん・イッガさんへ
4月から、イベント週間を実施することになりました。例えば、チャーハンなら1週間チャーハンだけです。3人同じテーマの料理を作り、味比べをしようという企画です。お2人の都合の良い日をイットリまでお知らせください。


【材料】3人前800円(※ネンリキの冷蔵庫の材料も含む)
米2合、山菜(煮てあるもの)1パック、筍水煮・小2分の1本、にんじん4分の1本、卵6個、だし汁1000ml程度、しめじ2分の1パック、えのき2分の1パック、ねぎ4分の1本、大根おろし適量、大葉1枚、醤油、塩、みりん、酒、砂糖、片栗粉
          
【作り方】
◎筍山菜御飯:筍を食べやすい大きさに切り、水気を切った山菜と一緒に炊く。水の代わりに、だし汁を使い、味付けは醤油大1.5、みりん大1を入れる。(ご飯の味は控えめです。お好みで調節してください)
◎きのこの和風ソース:だし汁200ccに食べやすい大きさに切ったえのきとしめじとネギを入れ、煮込みます。味を見ながら、醤油大2、みりん大1、酒大1、砂糖大1を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。最後に塩で、味を調節する。
◎卵2個に出汁大さじ3と塩少々をいれ、オムレツを作ります。
◎それぞれを器にあわせて、大葉と大根おろしを添えて完成!

【2007/03/15 17:02】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(4)  *  
イットリ先生の二人に食べさせたくて(11)
sake.jpg


【今日のメニュー】

イットリの鮭ハラスバター醤油焼き

【今回の点数】

74.5点

【二人の感想】

食事としては100点なんですが、自分で作りたいなーっていうのがないかも。ちょっと秋っぽいし。
                    ・・・70点(徹)

点数つけるのがバカバカしいくらい普通においしい。おふくろの味みたいだ。もっと点数のつけやすい料理を出してほしい。
                    ・・・79点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】

トップランナーパーティーで、イッガさんに惜しくも敗れたイットリです。今日からまた精進の日々です。2人もつかの間の息抜きを終え、今日からまた仕事モードです。

この日も、いつものように西荻のとあるスーパーに買出しに行くと、鮭のハラスとミツバがタイムセール中でした。ミツバなんて一房9円です。安すぎます。心躍ってミツバをかごに入れ、鮭をかごに入れ、ついでに近くにあったエリンギをかごに入れたところですでに今晩のおかずは決まっていました。もう、すっかりお母さんの感覚です。

2人が好きそうな素材本来の味を生かした薄味に仕立てました。そういえば、生茶のCMでも素材の甘みが旨みの全てだ、と唱えた北大路魯三人が松島奈々子に感謝されていました。

y_hito_04.jpg


魯三人が言うんだから間違いありません。今後も、素材の甘みを生かしたメニューの開発に励んでいきたいと思います。

しかし、普通すぎました。普通においしいだけでは、この料理バトルでは高得点が狙えません。五月女さんからは、もっと点がつけやすい料理にしてほしいとのリクエストが・・・、なんとも難しいところです。


p.s:二等兵さん・イッガさんへ
先日のトップランナー対決お疲れ様でした。直接対決を通じてお2人と心が通じ合った気がします。男の友情ってやつかもしれません。今度、研修と称しておいしい店に行ったり、合宿と称してお泊り会をしたり、普通にカラオケに行ったりしましょう。



【材料】3人前800円(※ネンリキの冷蔵庫の材料も含む)
鮭ハラス切り身3切れ、エリンギ1パック、ミツバ適量、にんじん適量、タマネギ2分の1個、ねぎ4分の1本、バター少々、醤油少々、
          
【作り方】
◎アルミホイルに、薄切りにしたタマネギを敷き、その上に鮭を乗せます。
◎さらにその上に、手で割いたエリンギ、斜めに切ったネギ、ミツバを乗せ、飾りにんじんを添えます。
◎ホイルで封をし、フライパンで中火で5分ほど加熱したら完成!



【おまけ・中華風リゾット】
夜食につくりました。採点なしです。

20070322170148.jpg


【材料】3人前
ご飯お茶碗3杯分、シーフードミックス50グラム、乾燥きくらげ5枚、ねぎ4分の1本、卵2個、中華だし小さじ1、パクチー適量、塩適量、ごま適量、ごま油少々、水400ccくらい、にんにくチューブ少々、しょうがチューブ少々

【作り方】
◎鍋に油を引き、ニンニクとしょうがチューブを少々入れる。
◎香りが出てきたら、シーフードミックスを炒める。
◎シーフードに火が通ったら、水と中華だしでスープを作り、そこにご飯ときくらげを入れる。
◎ある程度煮て、とろみが出たら、斜め切りにしたネギを加えて混ぜ、火を止めてから溶き卵を流し入れて蒸らす。
◎3分ほど置いた後、全体をかき混ぜ、ごま油を少々入れて香りをつける。好みで、パクチーとゴマを散らして完成!


【2007/03/13 17:00】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
ケイ子をお祝いしたくて 結果発表&反省会
20070322000603.jpg



【二等兵のメニュー】

本家鯛めし、ミートローフ


【今回の点数】

58.6点

【みんなの感想】

鯛めしは、酒臭く、味ない。
                    ・・・50点(徹)
鯛めしがとってもおいしくなかった。
                    ・・・59点(ケイ子)
鯛めしの見た目でテンションはあがりました。
                    ・・・50点(近藤)
ミートローフ60点、鯛めし30点
                    ・・・45点(伏原)
ミートローフはいんげんも入っててやさしい味。鯛めしは、誰かがアレンジしてくれると思うので、そのときの変化に期待。
                    ・・・75点(野村)
ご飯が塊で出てきた。遅れてきたので、ミートローフがひとかけらしか食べれなくて残念だった。
                    ・・・73点(大熊)


【佐伯二等兵の感想】

いよいよ初三人揃いの直接対決3・11。このパーティを誰が制するのか?誰が女神の微笑みを手にいれるのか?そんなモチベーションで。まるで陳建一の面持ちで。純粋にトップランナー出演を祝うつう想いとはウラハラに。少なくとも俺はいつの間にかそんなベクトルで。勿論狙うは100点狙うはパーティでのトップランナー!

そんな俺は、あの小さなキッチンスタジアムでは到底無理!と見込み、既に前日からミートローフの作製に!皆がまだ一品も出してないうちに先制パンチ!あとは現場で鯛飯だ!なんて勇んでネンリキに!

しかし!しかしだ。そこには鯛飯調理中のイットリ先生がいた。鯛飯調理中の。イットリ先生が。鯛飯…調理…中…イットリ…先生… かぶった!まるかぶりだぁ!!! その時の俺はスローモーションだった。きっと。俺はもう冷静さを失った。

トップランナーは細川君を待って23時位からビデオで観た。確か。気が付くと傍らに一升瓶。寝たらしい。俺。いや寝ちゃいました。トップランナー観に集まったはずなのに。 鯛飯は酒臭いやら生臭いやら

明日から足軽からでよろしくお願いします!



【イッガのメニュー】

エノキ・ボンバイエサラダ
イッガの、豚角煮でドンとやってみよう!


【今回の点数】

80.1点

【みんなの感想】

角煮の2番目の食べ方だけなら85点。サラダはエビくさい。
                    ・・・75点(徹)
角煮の3番目の食べ方はまずかった。あとは普通においしかった。
                    ・・・90点(ケイ子)
3番目の食べ方は残念。サラダは美味。
                    ・・・85点(近藤)
角煮80点。タイ風サラダ60点。
                    ・・・65点(伏原)
サラダたくさん食べたい。角煮はやさしい味でちょうどいい。切っている姿勢(写真)もいい。
                    ・・・90点(野村)
サラダのパクチーに寒気がした。角煮は美味。
                    ・・・73点(大熊)


【イッガ智三の感想】

見事優勝しました。
いゃったー!

サラダはクセがあるから好みが分かれるかなと思ったけど、意外に好評だった。
個人的に、

1番目→普通に食う
2番目→ご飯と煮卵をぐちゃぐちゃに混ぜ合わせた上に角煮を乗せ、ちょいと煮汁をかけて食う
3番目→角煮を乗せたご飯の上からウーロン茶(和風だし入り)をかけて茶づけ風に食う

このオリジナルな角煮の食べ方に勝負を託していたんですが、2番目は期待通りに大好評。3番目は期待に反して大不評。
よって、3番目の食い方は封印します。皆さん是非試さないで下さい。

いや、しかしね、問題はサメよ。今日はお祝いだから、パーティーだから、是非ゲストの方々にサメを味わっていただきたい、サメの底力を感じていただきたいと思っていたのだけど、肝心のサメが見当たらない。彼、西荻窪のSEIYUから完全に姿を消しました。やはり旬のものだったのか、単にニーズがないからか知んないけど、もう居ません。
先日、サメを探しにいよいよ築地にまで足を伸ばしてみましたが、やはり出会うことが出来ず、おいしく海鮮丼を食って帰るに至りました。テリー伊藤の兄がやってる卵焼き屋にも行きました。築地サイコー!

しかしこのままでは二人に予定していたサメのフルコースを食べさせることが出来ません。
魅惑のサメ『ボウザメ』の入手経路をご存知の方、またはその筋のコネがある方いらっしゃいましたら至急ご連絡下さい。


p.s. ケイ子さんへ

もう何回も言ってるけどこの場を借りてまたも俺は言いますよ。
「どーもおめでとうございます。」




【イットリのメニュー】

元祖鯛めし、中華な大根、菜の花の柚子胡椒和え


【今回の点数】

76.5点

【みんなの感想】

菜の花◎
                    ・・・78点(徹)
鯛めしはおいしかった。大根は固かった。パーティーっぽさが足りない。
                    ・・・78点(ケイ子)
ちょっとずつおしい。ポテンシャルは高い。
                    ・・・80点(近藤)
鯛めし50点、菜の花50点、大根60点
                    ・・・53点(伏原)
鯛めしの味付けは良かった。菜の花も好物。
                    ・・・85点(野村)
鯛めしはおいしかったです。でも、パーティーなのに大根かぁ・・・。
                    ・・・83点(大熊)


【イットリ先生の感想】

五月女さん、トップランナーご出演おめでとうございます。

そして、負けました。イッガさんと4点差です。イットリです。敗因は、二等兵さんと、鯛めしがかぶってしまったこと。そして、パーティーなのに大根の煮物という地味なメニューで勝負したことの2点だと思います。

まず、鯛めしについて。これは、前日に入念にリサーチをし、ネンリキがある西荻窪近辺で、お頭付きの鯛が売っているお店をチェックしておきました。しかし、当日。そのお店は定休日。他のお店を探すもことごとくお頭付きの鯛は売っておらず、仕方なく鯛のアラ(骨が多くてダシなどを取る部分)で勝負しました。おかげで、計画が狂い、パーティーには遅刻するわ、イマイチ味がパッとしないわで散々でした。挙句、二等兵さんとメニューが被ってしまって。しかも、二等兵さんが先に「本家鯛めし」と名乗ったので、仕方なく僕の鯛めしには「元祖鯛めし」と名づけました。結果、二等兵さんとは一澤帆布みたいな、なんだかギスギスした関係になってしまいました。

大根も地味で失敗。味はおいしいと思うのですが、パーティーっぽくないということで、なんだかみんなにガッカリされてしまいました。なぜ、大根にしたかというと、ネンリキの冷蔵庫に大根が大量に余っていたためです。今日がパーティーだということはわかっていたのですが、でも、なぜかパーティーよりも、ネンリキの冷蔵庫がパンクしないか、ということを心配してしまったのでした。もしかしたら、僕は、料理人よりお母さんに向いているのかもしれません。



【ケイ子をお祝いしたくて 総合結果】

1位 イッガ智三・・・80.1点
2位 イットリ先生・・76.5点
3位 佐伯二等兵・・・58.6点

【2007/03/11 00:06】  対決  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリのケイ子をお祝いしたくて
【今回のメニュー】

イットリの元祖鯛めし、中華な大根、菜の花柚子胡椒和え


20070322000426.jpg


○元祖鯛めし
【材料】4人前程度 850円(※ネンリキの冷蔵庫にある材料も使用)
米2合、出汁用昆布1切れ、鯛のアラ1パック、醤油大さじ1、みりん大さじ1、塩少々、しょうが適量、小ねぎ適量、ごま適量

          
【作り方】
◎鯛のアラに塩を軽く振り、フライパンで表面を焼く。
◎普通にご飯を炊く分量で、鍋に米と水を張り、醤油とみりんと昆布を入れて炊く。
◎中の水が沸騰してきたら、昆布を取り出し、鯛を入れる。
◎炊き上がったら、骨を取り除き、身をほぐして、お好みで、しょうが、ねぎ、ごまを添えて完成!


20070322000215.jpg


○中華な大根
【材料】4人前程度
大根3分の1本、中華だし小さじ1、大根の葉適量、鶏ひき肉150グラム、エリンギ1パック、塩適量、ごま油適量、ラー油少々、乾燥キクラゲ5枚くらい、片栗粉適量

          
【作り方】
◎大根は2cm幅に輪切りにし、それをさらに4等分にします。鍋に入れて、大根が隠れるくらいまで水を入れて、中華だしを加えて煮ます。
◎フライパンにごま油をひき、細かく切った大根の葉と、鶏ひき肉、手で裂いたエリンギと水で戻したキクラゲを食べやすく切ったものを炒めます。
◎大根が箸がすんなり刺さる程度まで煮えたら、フライパンに取り出し、煮汁を適量加えます。
◎片栗粉でとろみをつけたら、塩で味を調え、器に盛って、ラー油を垂らしたら完成!


20070322000055.jpg


○菜の花柚子胡椒和え
【材料】4人前程度
菜の花1束、柚子胡椒小さじ1、ポン酢大さじ1.5、塩少々、ごま適量、かつお節適量

          
【作り方】
◎沸騰したお湯に塩を少々加え、菜の花をサッと茹でます。
◎ざるにあけて、流水で冷まし、絞って水気を切ります。
◎ポン酢に柚子胡椒をといたもので和え、器に盛ってごまとかつお節を振りかけたら完成!
【2007/03/11 00:02】  対決  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガのケイ子をお祝いしたくて
【今回のメニュー】

エノキ・ボンバイエサラダ、
イッガの、豚角煮でドンとやってみよう!


20070321235607.jpg



『エノキ・ボンバイエサラダ』

【材料】

エノキダケ2袋、玉葱1個、セロリ1本、ミニトマト10個、干しえび適量、豚挽き肉50g、パクチー1本
ナンプラー、レモン汁、にんにく1欠け、プリッキーヌー(ちっこい青唐辛子)2本、砂糖、チリインオイル、オリーブオイル

【作り方】
◎フライパンに軽くオリーブオイルをひき、みじん切りにしたにんにく、豚挽き肉、エノキダケをさっと炒めます。
◎セロリは薄くスライス、ミニトマトは半分にカットします。で、玉葱はスライスして軽く水で洗って辛味をとって下さい。
◎ナンプラー大さじ4、レモン汁大さじ4(ナンプラーとレモン汁の比率は1:1で)、みじん切りにしたプリッキーヌー、砂糖大さじ1、隠し味にチリインオイル少々を絡めたドレッシングに先程までに仕込んだ材料を入れて混ぜ合わせ、最後にパクチーを添えれば完成。
ちなみに今回はお祝いなんでシーフードも散りばめました。


20070326235607.jpg


『イッガの、豚角煮でドンとやってみよう!』

【材料】
豚バラ肉500g、厚揚げ1枚、ゆで卵7個、にんにく1個、パクチー、八角2個、
醤油、みりん、ナンプラー、シナモンスティック2本、砂糖、チリインオイル、サラダ油

【作り方】
◎鍋にサラダ油をひき、軽く潰したにんにくを弱火できつね色になるまで炒めるたら、大きめに角切りした豚肉を加え強火で全体に焼き色をつけたら、少量のナンプラーで軽く下味をつけます。
◎水500ml程度、醤油大さじ4~5、みりん大さじ1、砂糖大さじ3、八角2、シナモンスティック2、パクチーの根(4、5本を包丁の柄で潰す)、チリインオイル少々、短冊状に切った厚揚げ、ゆで卵を入れます。
◎味をみて問題なければ、蓋をして弱火で味が染みるまでじっくり煮ます。2時間も煮れば十分かと思います。
◎器に盛り付けてパクチーを添えれば完成。



【2007/03/11 00:01】  対決  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
二等兵のケイ子をお祝いしたくて
20070321235316.jpg


『二等兵ミートローフ』

【材料】
合挽肉600g、玉葱一玉、玉子1個、トマトケチャップ、中濃ソース(各大さじ3)、オリーブ油大さじ1、パン粉1/2カップ、インゲンマメ2パック

【作り方】
①インゲン以外をボウルに入れ、粘りがでるまで混ぜあわせます。
②インゲンを1~2分茹で、ヘタを落とします。
③ラップをまな板の上に拡げ、①の1/4を長方形状に伸ばし、その上にインゲン→①→インゲン→①と交互に三段重ねてひき、ラップで包みながら棒状に形を整えます。
④それを皿にのせレンジ(500w)で12~15分加熱
⑤中火にかけたフライパンにバターを溶かし、ラップをはずした④を入れ、転がしながら焼き色がつけば出来上がり。

20070321235449.jpg


『本家鯛めし』

【材料】
鯛の切身二切れと鯛の頭、米4合、ダシ汁800cc、酒140cc、大葉1パック、胡麻少々、塩少々

【作り方】
①鯛の切身と頭に予め塩をふっておき、1時間ねかしておく。
②ダシ汁と米4合と酒140ccを鍋に入れ強火で炊き、吹きこぼれてきたら中火に。②鍋の蒸気に勢いがなくなってきたら①を入れ、更に40分中火で加熱。
③更に弱火で10分加熱すれば出来上がりのはず。


【2007/03/11 00:01】  対決  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
番外編!ケイ子をお祝いしたくて
20070321235058.jpg




本日は番外編!


今日は、五月女ケイ子さんが出演した、
NHKトップランナーのオンエアー日です。

なので、この日のネンリキでは、お客様をお招きして、
トップランナーパーティーが行われました。

二等兵とイッガとイットリが、パーティー料理でおもてなし。
三人が初めて合間見える、ガチンコバトルの始まりです。

写真はズラッと並んだパーティー料理。
見た目はおいしそうですが、果たして2人とお客様の採点は・・・。


【今回採点する人】

細川徹、五月女ケイ子

○お客様
近藤公園さん(男性)、伏原さん(男性)、野村さん(女性)、大熊さん(女性)


全部で6名の方が、二等兵、イッガ、イットリの料理を採点します。


【2007/03/11 00:00】  対決  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の二人に食べさせたくて(10)
20070313220044.jpg


20070313220311.jpg



【今日のメニュー】
イットリの春爛漫ちらし寿司&さっぱり野菜のお吸い物

【今回の点数】

94.5点

【二人の感想】
食べやすい!バランスもいい。笑いはないけど。笑いは忘れたよ。味付けはやや薄くて、素材の甘みを引き出している。100点だ!
                    ・・・100点(徹)
バッチリ!なんだけど、寿司がもっとおいしく出来る。例えば、ゆずとか自然な酸味を混ぜたり。イットリには、そこまで求めたい。お吸い物は◎。
                    ・・・89点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】
あっさり作戦で、邁進しているイットリです。今回も高得点。2人のハートをバッチリ射止めました。細川さんは、イッガさんのサメサンド以来の100点を出しました。絶好調です。

この日の2人は、風邪気味やら花粉症やらで、調子が悪そうでした。トップランナーパーティーも目前に控えているので、なんとかして元気になってもらおうとこのメニューを作りました。ちらし寿司は、簡単なわりにどかんと出されると、なぜかウキウキした気持ちになるので不思議です。

ただ、ちらし寿司はどう考えてもパーティーメニューなので、はやまって平日に出してしまったのが悔やまれます。こんなに評判が良いのなら、トップランナーパーティーまでとって置けばよかったとも思いました。


p.s:二等兵さん・イッガさんへ
明日の五月女さんトップランナーパーティーで初の直接対決ですね。決戦を楽しみにしています。


ちらし寿司
【材料】3人前1500円(※ネンリキの冷蔵庫の材料も含む)
米2合、菜の花4分の3束、にんじん4分の1本、あなごの蒲焼(小)1パック、卵2個、いくら(小)1パック、酢大さじ2.5、砂糖大さじ2、塩小さじ1、干ししいたけ2個、

          
【作り方】
◎にんじん、しいたけは薄切りにし、菜の花はそのまま茹でる。
◎ご飯が炊けたら、温かいうちに、上記の酢と砂糖と塩をあわせたものを混ぜる。
◎あなごと、茹でた野菜を入れて混ぜ、錦糸玉子とイクラを散らして完成!



お吸い物
【材料】3人前
菜の花4分の1、にんじん2分の1本、しいたけ3個、ねぎ一本、大根おろし適量、出汁パック1個、塩適量、醤油適量

【作り方】
◎菜の花は茹でておく。ねぎは、食べやすい大きさに切り、弱火で焦げ目をつけておく。
◎鍋に出汁をとり、にんじん、しいたけ、ねぎを煮る。塩と醤油で味を調えたら、最後に菜の花を合わせ器に盛り、大根おろしを沈めて完成!
【2007/03/10 22:01】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の二人に食べさせたくて(9)
20070313215756.jpg


【今日のメニュー】
イットリのミラクルミルクスパ

【今回の点数】

75点

【二人の感想】
とっても普通だけど、何度もおかわりしてしまった。ということは、おいしかったんだと思う。しかし、それを考えると、昨日の佐伯新(二等兵の本名)はどうか?今なら50点いくかどうか。
                    ・・・70点(徹)
食べやすかった。イットリは料理がうまい。コンソメがもっと少なくなると◎。イットリは味を把握していると思う、この調子でいけば、宮廷料理人『イングム』に昇格する日も近い。
                    ・・・80点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】
今日の2人は大忙し。いつも忙しいのですが、今日は特に忙しかった模様です。そんな2人からのオーダーは、「チャチャッと出来てチャチャッと食べられるもの」。細川さんに至っては、「パスタとか、そこらへんにあるものでいいから」とのこと。

なので、本日は買い物に行かず、ネンリキの冷蔵庫にあるもので作ってみました。こういうときこそ、腕の見せ所です。

牛乳をベースとした濃厚なパスタは、病み上がりの五月女さんには、ちょっとキツイかな、とも思ったのですが、綺麗にたいらげてくれました。この調子で行けば、「イットリ先生」から「宮廷料理人・イングム」に昇格できるというお言葉もいただきました。ただ、僕はドラマを見ていなかったので、宮廷料理人・チャングムと服部先生は、どっちがすごいのかよくわかりませんが、宮廷という響きはなんとなくすごそうなので、嬉しかったです。


p.s:二等兵さんへ
昨日のドドロ!お疲れ様でした。ただ、今日の2人は「昨日の二等兵には点数を上げすぎた」としきりに後悔していました。


【材料】3人前(ネンリキの冷蔵庫にあった材料)
スパゲティ250g、シーフードミックス150g、ブロッコリー1房、タマネギ1個、にんじん2分の1本、牛乳400cc、コンソメ2ブロック、卵黄2個、にんにく1片、塩・コショウ適量、オリーブオイル適量、パセリ少々、バター適量
          
【作り方】
◎ブロッコリーとパスタを、別鍋で茹でる。
◎オリーブオイルで、ニンニクのみじん切りを香りが出るまで炒める。香りが出てきたら、シーフードミックスと薄切りにしたにんじんとたまねぎを炒める。
◎火が通ったら、沸騰させないように弱火にして、牛乳を入れる。コンソメとブロッコリーを入れ、塩・コショウで味を調える。
◎固めに茹でたパスタをフライパンに投入。ソースと絡め、最後に火を止めて、卵黄とバター少々を加え、余熱で絡める。
◎お皿にもって、パセリを散らしたら完成!!



20070313215927.jpg


【今日のメニュー】
イットリの卵白センベイ焼き

【今回の点数】

51点

【二人の感想】
こういうお菓子はあるかも。可能性は感じる。パリパリした食感も悪くない。創作性を評価。
                    ・・・72点(徹)
ちょっと気持ち悪い。食べる場所によって味にムラがある。おいしくない。
                    ・・・30点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】
先ほどのパスタを作った際に、あまった卵白をここで使ってみました。目指すところはふんわりしたメレンゲの焼き菓子だったのですが、結果は、うさんくさいカルメ焼きのようなものになってしまいました。

ホイッパーがないので、100円ショップで買った小さな牛乳泡立て機で卵白を攪拌したのですが、さすがにパワー不足は否めず、卵白の粘りに完全に押し負けていました。まったく泡立たない卵白に砂糖を入れて焼いただけですから、もうそれはただの無駄に甘い目玉なしの目玉焼きです。生クリームをかけてみましたが、その見てくれもなんたることか。

どうやら、私はお菓子作りには向いていないと思います。



【材料】3人前
卵白2個分、砂糖50グラム、塩少々、生クリーム適量、
          
【作り方】(※特におすすめしません)
◎卵白に砂糖と塩を加え、ひたすら攪拌します。
(イメージではここで、ふんわりとしたメレンゲが出来るはず。ホイッパーで混ぜればたぶん。)
◎フライパンで焼く。
◎生クリームをトッピングして完成!?




【2007/03/09 21:58】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
二等兵の二人に食べさせたくて (6)
20070313215615.jpg


【今日のメニュー】
二等兵の風邪にはスタミナ鉄鍋うどん! ドドロ!!

《材料&レシピ》
うどん、納豆、オクラ、なめこ(それぞれ2パック)長芋1/2本、
玉子(一人1個)、しょうが1カケ、大根1/5本、とろろこんぶ少々、
かつお節2掴み位、柚子胡椒大約さじ1杯、塩少々

まず大きめの鍋に水を入れ、そこにかつお節2掴み位入れひと煮立ちさせたらかつお節を笊で取り出し、出汁を作ります。
そこに納豆、オクラ、なめこ(それぞれ2パック)と長芋1/2本を3cm位のスティック状にカットしたものを投入。中火で灰汁を取りながら煮ます。
(※当然オクラも食べ易い大きさにカットしておきましょう!)
そして塩少々と柚子胡椒大約さじ1杯を入れ味(塩加減)を調節します。
最後にしょうが1カケの半分ぐらいは剃り、残り半分はみじん切りにしてお鍋に入れれば、ドドロスープの出来上がり。
スープを作っている間にうどん(人数分)を軽く沸騰した鍋で下茹でしておきましょう。

そして前回購入の一人鉄鍋キットを用意。
先ほどの下茹でしたうどんを適量入れ、その上にドドロスープをかけ、そこに剃った大根を適量と鍋の中央に玉子、その上にとろろ昆布をいれ鍋蓋をし、ひと煮立ちすれば出来上がり。


《今回の点数と感想》
基本、小鍋式は楽しいので、点が出やすいが、やはり味が薄いのが、致命的
                             徹 69.8点

とにかく温まった。しかもスタミナがつきそうで○。油分も一切なく体調が悪い人にはピッタリだ。ただ、味は薄かった。        イットリ 78点。

総合73.9点

※参考評価(参加出来なかったため)
風邪のために作ってくれてありがとうございます。けどなんか焦げ臭い。何かを焦がしたにちがいない。あと他のみなさんは雰囲気がよかったらしいけど、わたしのは残り物を持ち帰ったので雰囲気はあまりよくなかった。
                            ケイ子 50点

《二等兵の感想と反省》
今日作りに行くと連絡したらなんと五月女さんが風邪引いたとのこと。
ついに来た!この企画のコンセプト通りのシチュエーション。
ついに来た!チャンスボール!
この時俺の頭に
弱っている人(ケイ子さん) → ヒーロー(二等兵)登場 → 100Get!

という展開とレシピが瞬時に閃いた!
兎に角体がポカポカしてくるものを、精がつくものを!と考えた俺は、あらゆるネバネバ系のものを全部集結させ、俺の作ったメニューで風邪など蹴散らしてやる!と心弾ませいざネンリキに。
しかし、今日の主役(弱ってる人)は本当に弱っていたので居ませんでした。
結局元気な二人(徹&イットリ先生)に五月女さんの気分で食べてもらうことに。
しかし最後に入れたすった大根が失敗だったあ。ああ大根。大根のせいで。
俺は大根のせいで全てを失った。大根の水分を計算しないでの塩分量。
やたらホカホカ&ネバネバする味気ないモノが出来上がりました。

PS:イッガさんイットリ先生へ
でもつぎの日にケイ子さんの風邪は治ったらしいですよ。
【2007/03/08 21:56】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の二人に食べさせたくて(8)
20070313215436.jpg


【今日のメニュー】
イットリのさわやか春おでん

【今回の点数】

94.5点

【二人の感想】
春の野菜たちをおでんという形で食べさせるという手法に参った。残り5点は、もう一品肉的ななにかが欲しかった。
                    ・・・95点(徹)
春野菜をおでんにするというコンセプトはいい!味もやさしくてグッド。ただ、強いて言うならなぜいり卵を散らすのか?
                    ・・・94点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】
やりました!90点オーバーです!イットリです。
今回は、2人が好きだろうなぁ、と思うメニューを形にしてみました。
前々から、2人はあっさりした優しい味が好きなんだろうな、と薄々感じていましたので、
それをそのまま形にしてみたところ見事ツボに的中。
二等兵ヘルメット(1人用鉄鍋)の遊び心も手伝って、良い成績を残すことが出来ました。

油分ほぼゼロ。
実に健康的なメニューなのですが、ホットコーナーが大好きな私にとっては、正直大変もの足りないメニューではあります。
実際に、腹ペコの際にこんなメニューが出てきたらガッカリです。
中学生ぐらいだったら、親とケンカをしてふてくされているかもしれません。


p.s 二等兵さんへ
二等兵さんが、すき焼きを作った際にお持ちになった、『二等兵ヘルメット』を借用させていただきました。
あのヘルメットで料理を出すと、高級感が出て、二人の心が躍り、点数が5点くらいアップする気がします。
これからも、ちょくちょく使わせていただきます。
二等兵さんオリジナルの勝負食器みたいなことにしようとしてましたらごめんなさい。



【材料】3人前(730円※ただし、ネンリキの冷蔵庫の材料も使用)
鳥ひき肉(鍋用)200g、玉ねぎ2分の1個、たけのこ水煮1房、にんじん2分の1本、丸型こんにゃく6個、菜の花1束、干ししいたけ6個、ダシパック1、塩少々、醤油少々、みりん大さじ1、酒大さじ1、大根2分の1本、卵1個【タレ】味噌大さじ2、すりゴマ適量、柚子こしょう小さじ1、砂糖小さじ1、おでんの煮汁少量
          
【作り方】
◎たまねぎとにんじんをあらみじんにし、鳥ひき肉と混ぜる。大根は2センチ幅に、たけのこ、にんじんは食べやすい大きさに切る。こんにゃくは湯通しし、干ししいたけは戻しておく。具材ひとつひとつに、火が通りやすいように隠し包丁を入れる。菜の花はさっと塩茹でする。
◎カップ3杯の水にダシパックを入れてダシをとり、塩、醤油、みりん、酒で味を整える。味噌ダレをつけて楽しむので、いずれも、控えめで大丈夫です。大根、にんじん、こんにゃく、しいたけを弱火で煮込む。鳥ひき肉はスプーンですくって型崩れしないように鍋に沈める。
◎タレは上記の材料を混ぜ合わせるだけ。菜の花を添えて少しにて、二等兵ヘルメットにキレイに盛って上からいり卵を散らして完成!

【2007/03/07 21:54】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
徹・イッガ・イットリのケイ子に食べさせたくて【細川徹編】
20070313215045.jpg


【細川のメニュー・写真左下】

ニョッキバーム

【材料】
フルーツバーム2片、タマゴ一個、牛乳大さじ2、小麦粉少し。

【作り方】
◎バーム二片をまず、固く握り締め、練り、まぜあわせて、球状に固める。その表面をチョコでコーティングして、チョコバーム団子の完成。

◎しかし、あまり魅力がないので、球状バームを牛乳、タマゴと一緒に練りこみ、クレープに変更。トロトロのクレープ生地を作る。

◎そして、クレープ状に薄く焼く。
 しかし、うまくひっくり返せず、クレープをあきらめる。
 ※ポイント ひっくりかえすとクレープになってしまう。

◎くずれたクレープを、炒りタマゴのように、焼く。
 ニョッキのようになってくる。

◎皿に大胆に盛り付け、申し訳程度の生クリームをそえればニョッキバーム完成。


【今回の点数】

30点

【ケイ子の感想】

じゃがいもみたい。見た目がひどい。(ケイ子)
     
【細川の感想】
フルーツくさいバームをすべて生地に練りこみ、バーム臭を消す予定だったが、クレープが成功してたら、イットリとかぶっていたから、ニョッキで正解。
しかし、自分で作っておいてなんだが、心が躍らないデザートだった。
【2007/03/06 21:53】  対決  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
徹・イッガ・イットリのケイ子に食べさせたくて【イッガ智三編】
20070313215045.jpg


【イッガのメニュー】→写真右上&右下

イッガ智三の『バーム再び』(ティラミスバーム&揚げバーム)

【作り方】
(ティラミスバーム)
◎バームをサイコロ状にカットしてグラスに敷きます。
◎バームにコーヒーをしみ込ませます。
◎牛乳を加えて緩めに仕上げた生クリームをかけます。
◎↑これまでの作業をもう一回やって二層にします。
◎生クリームの上にココアパウダーをかけ、砕いたチョコ、砕いたナッツをまぶし、ほんのちょっとシナモンパウダーをかけ、お菓子を差したりしてデコレートしたら完成。

(揚げバーム)
◎アイスの『ピノ』を細かく切ったバームで強引に包み、それを天ぷらの衣をつけて油で揚げる。
◎ネンリキ事務所は『揚げ物禁止』なので少量の油で強引に行く。
◎油が足りなくて揚がり切らず、途中アイスが溶け出してきてぐちゃぐちゃになるけど強引に行く。
◎大体のところで強引に完成です。

【今回の点数】
ティラミスバーム・・・85点
揚げバーム   ・・・26点

【ケイ子の感想】
ティラミスはおいしい!生クリームがなめらかだね。私、砕いたチョコって好きなんだよね。
揚げバームは、とにかく見た目が酷すぎる。まあ、しいて言えばカリカリした食感はいいかもね。別にアイス入れなくても良かったんじゃないの。

【イッガの感想】
事務所に顔出したら徹さんが半笑いで「イッガ、その箱を開けてみてくれよ」と言うんで、
何かいいもん入ってるのかしらと喜んで開けてみたらば、居た。
バームが。
まだ居た。

二週間ほど前に事務所に差し入れで置いてあったバーム。その独特の味と香りからなかなか誰も手を伸ばさない一品だったバーム。
それを俺が『トライフル』というデザートにアレンジしたことでおいしく処理でき、見事に決別できたはずだったあのバーム。

それが居た。
まだ居た。
隠れてた。

そんな訳でまたも、このバームをどうにかすることになった。2個しかないバームを三人で分け合いながら各々新たな菓子に変えた。
いやぁ、色んな発想があるもんですねぇ。バームを生地に練りこんでクレープやらニョッキやらにするとか俺考えつかなかったもんなぁ。味はさておきこんな様々な可能性を見せてくれた『フルーツのバーム』にありがとうと言いたいです。

でもしばらくバームには会いたくありません。
【2007/03/06 21:52】  対決  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
徹・イッガ・イットリのケイ子に食べさせたくて【イットリ先生編】
20070313215045.jpg


※今回は特別編!

細川徹とイッガ智三とイットリ先生が、誰も手をつけずにネンリキに放置されたままの『フルーツバームクーヘン』をなんとか美味しいデザートに変身させようと奮闘します!


【イットリのメニュー・写真上】
イットリのクレープハニーアイス

【材料】
フルーツバーム1片、卵1個、牛乳大さじ2、砂糖大さじ2、アイスクリーム適量、ハチミツ適量、練乳適量、塩少々、お菓子お好みで

【作り方】
◎フルーツバームを牛乳で伸ばし、砂糖、塩、卵、牛乳を加え、クレープ状に薄く焼きます。
◎中に、アイスクリーム、ハチミツ、練乳を包み込み、お好みでお菓子をトッピングして完成!


【今回の点数】
-90点

【ケイ子の感想】
雑巾の味がする。地獄だ。罰ゲームでもこんなの出ない。
               ・・・-90点(ケイ子)
        
【イットリの感想】
-90点。。。イットリです。レシピどおりに作ればまあまあ美味しいと思います。写真もまずまずではないですか?しかし、今回の敗因は、僕が先行して調理したこと。フライパンに、前日のマーボの味が染み込んでおり、甘いはずのクレープが、見事生ごみのようなおぞましい悪臭を放ちました。当然、マズイ。僕のクレープがフライパンからマーボパワーを吸い取った結果、後の2人はフライパンを使用し、まずまずのメニューを完成させました。まったくもってツキがありません。この点数、ダービーレースの対象外ですよね?
【2007/03/06 21:51】  対決  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イッガ智三の『二人に食べさせたくて』(10)
20070325230819.jpg


【今回のメニュー】
『イッガ流・トムカーガイ(シャアクIN)』

【今回の点数】
74.3点

【二人&イットリ先生の感想】
イッガがよく作るスープ。おいしいけど食べ慣れてるから新鮮味に欠けるね。昨日辛いの食べたから今日は別のものが食べたかった。 ・・・70点(ケイ子)
これはサメが脇役じゃないの。やはりサメは主役にすべき。鶏肉じゃなくサメの旨みでスープを取って欲しかった。 ・・・68点(徹)
うまいっす。『ハン○ム食堂』で食うよりうまいすよ。家でこんな味が出せるんですね。これどうやって作るんですか? ・・・85点(イットリ)

【イッガの感想】
過去何度か二人に食べさせて喜んで頂いたトムカーガイに冷凍庫に残っていたサメを添えてお出ししたが、食い慣れた味で新鮮味に欠けた様子。
唯一初めて食べたイットリ先生だけが興味を示したようで食後に作り方を聞いてきた。そんで、ちょっとした勉強会になった。こんなアグレッシブなイットリ先生を初めて見た。すっかり料理人になったなと感じれた瞬間だった。お互いに。

ちなみにこれ、見慣れぬ食材や調味料をいっぱい使用していますが、『カルディー』とか行けば大体売ってます。俺はレモングラスとかライムリーフとかは香りが出やすいから生のものを使っていますが、乾燥のものでも大丈夫です。『トムヤムセット』みたいな感じのものは結構色んなスーパーにあると思うのでそれ使って頂くのが一番手っ取り早いかも。


p.s 皆様へ
今回は酒とにんにくでサメの臭みを取ろうと試みましたが、かつてないほどの異臭を放ち、二人の仕事が一旦ストップ、部屋を換気するという惨事に陥りました。
『酒×にんにく×サメ』は大変危険です。おやめください。


【材料】三人前

鶏モモ肉200g、玉葱2個、しめじ1パック、セロリ1本、ボウザメ3切れ、にんにく1/2欠け
レモングラス2本、ライムリーフ5枚くらい、ガランガー2欠けぐらい、唐辛子(プリッキーヌーっていう小さい青唐辛子が良い)、パクチー2本くらい
ココナッツミルク1缶、ナンプラー、チリインオイル、ガラスープ、塩、砂糖、レモン汁、サラダ油

【作り方】
◎鍋にサラダ油と潰したにんにくを入れてキツネ色になるまで弱火で炒めます。で、ざっくり切った鶏モモと、太めにスライスした玉葱、しめじ、ざっくりカットしたセロリを投入して軽く炒め、ナンプラーで下味をつけます。
◎水500mlとココナッツミルク、ガラスープ、レモングラス、ライムリーフ、ガランガー、スライスした唐辛子を加え10分程度煮ます。
◎塩大さじ1、砂糖小さじ1杯半、ナンプラー小さじ1、レモン汁大さじ2を入れ味を調えながら軽く煮たら、最後にチリインオイルを小さじ1加えて完成。
◎事前に酒、にんにくで煮たボウザメの切り身を碗の底に盛り、上から完成したトムカーガイを注ぎ、お好みでパクチーを添えてお召し上がり下さい。
【2007/03/05 21:49】  忘れられない料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の二人に食べさせたくて(7)
IMG_000337.jpg


【今日のメニュー】
イットリのマーチ丼

【今回の点数】

65.5点

【二人の感想】
塩辛いなぁ。そして甘いなぁ。血圧があがりそうだなぁ。食べるのが辛いなぁ。でもオリジナル性もあるからなぁ。
                    ・・・69点(徹)
とにかく塩辛い!そして甘い!血圧があがった!
                    ・・・62点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】

前回のチキン塩害と同じ轍を踏んでしまいました。イットリです。辛さの中に潜む甘さが、旨みとなって人の味覚中枢を刺激する。。という持論を持つ私は、辛い料理でも砂糖を少々、甘い料理でも塩を少々入れるようにしています。しかし、この場合のポイントは少々というところであって、今回は、誤って砂糖を大量に入れてしまいました。その砂糖をごまかすために、さらに大量の塩と豆板醤を投入してしまい。。。

結果、厚化粧に厚化粧を重ね、留まることを知らない味覚のアリ地獄へと落ちていきました。二等兵の遺品である、肉や焼き豆腐、その他、冷蔵庫のあまりものをマーボという料理で、一掃するというコンセプトは悪くないと思ったのですが。

前回の大塩害同様、細川・五月女両氏の血圧は急上昇。またもや2人は仕事が手につかなくなってしまいました。これでは、なんのための手料理かわかりません。このままでは、二等兵よろしく、『先生』の称号を剥奪されかねません。剥奪され、「イットリ!」などと呼び捨てにされた場合、もはやその語源が、誰の耳にも忍者のそれに思われることでしょう。それだけは、なんとしても避けなければなりません。

ちなみに、マーチ丼というネーミングは、マーボとチーズと3月の「MARCH」をかけています。自分でもイマイチなネーミングだと思うので解説するのが恥ずかしいです。


p.s 二等兵さん・イッガさんへ
今までの平均点を出してみました。
その結果・・・

二等兵・・・62.4点
イッガ・・・69.6点
イットリ・・58.6点

残念なことに私がビリです。
くやしいです。しかし、必ずや近日中にこの点数を覆してみせましょう。

【材料】3人前(860円※ただし、ネンリキの冷蔵庫の材料も使用)
焼き豆腐1丁、二等兵の牛肉残り150gくらい、にんじん2分の1本、しいたけ4個、たまねぎ2分の1個、ナス1本、ネギ2分の1本、かぼちゃ4分の1個、豆板醤大さじ1、コチュジャン大さじ1、砂糖小さじ2、にんにくチューブ適量、しょうがチューブ適量、中華スープ小さじ1、山椒適量、片栗粉大さじ1、とろけるチーズ適量、シャンツァイ適量、ごま油少々、水200cc、
          
【作り方】
◎牛肉は細かくみじん切り、にんじん、しいたけ、たまねぎ、ねぎ、ナス、かぼちゃは5ミリ角程度のあらみじんにします。
◎鍋でにんにくとしょうがチューブを香りがするまで炒め、上記の材料を火の通りづらい順に中火で炒めます。
◎全体に火が通ったら、水200ccを加え、中華スープ、豆板醤、コチュジャンで味付けします。砂糖と塩で味を整え、さらに10分ほど弱火で煮込みます。
◎焼き豆腐を手でちぎって投入し、水溶き片栗粉をまわしいいれ、とろみが出るまでやさしく混ぜ合わせ、最後に香り付けにごま油を少々まわしいれます。
◎アツアツのご飯にかけて、とろけるチーズ、山椒、白髪ネギをトッピングしたら完成!



【2007/03/04 21:47】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
二等兵の二人に食べさせたくて (5)
20070313214531.jpg


【今日のメニュー】
二等兵の気軽に旅館気分すき焼き

《材料&レシピ》
牛肉400g、ねぎ2本、焼き豆腐1丁、エリンギ1パック、肉の脂身1カケ、醤油お玉1杯、めんつゆの元0.8杯、ミリンお玉1杯、料理酒お玉1杯、砂糖大さじ2、水、玉子、米2合、五穀米1パック、すき焼きキットセット(鍋、鍋台、固形燃料)           

        2362円(2人分……お米2kg、五穀米も含まれてます!)

まず、例のごとくお米(2合)を研ぎ、そこに五穀米1パックも加え、鍋でご飯を炊きます。

炊きあがりに約30分かかるので、その間に具材を切り割下を作ります。
豆腐はサイコロ状にカット。ネギは斜めに適当に切ります。お肉も食べ易い大きさにカット。そして今回はお鍋の定番・エノキではなく、エリンギを採用!
切れ目を入れて裂くように食べ易くします(1株約8等分位)
割下は、まず300mlの水を沸かし、そこに
醤油お玉1杯、
めんつゆの元0.8杯
、ミリンお玉1杯、
料理酒お玉1杯、
砂糖大さじ2
を加えひと煮立ちさせれば出来上がり。

まだご飯がご飯が炊き上がらないようでしたら、この時間を利用して生玉子を溶き、いつでも食べれるようにスタンバイしておいて下さい。
ご飯が炊き上がれば、固形燃料に火をつけ鍋を温め肉の脂身を使って鍋全体に油をまわし、早速肉とネギをを焼いていきます。肉にある程度火が通ればそこに割下を加え、煮立たせそこに焼き豆腐、エリンギを加え火が通れば出来上がり!

《今回の点数と感想≫
とってもおいしいスキヤキで、旅館気分は満喫しましたが、
変わった具やツケダレとか、チャレンジャーの姿勢がほしかった。   
                             徹(79点)

演出が素敵で、鍋をひとりじめできて、おいしくってご飯もおかわりしたけれど、肉が凍っててステーキのように厚かったのが残念でした。エリンギはエノキよりすきやきに合うかも。けど「ティッシュです。佐伯です。」など、事あるごとに自分をアピールしているところが気になった。     ケ(87点) 

総合83点

《二等兵の感想と反省》
チョコぉパイ以来、ネンリキに足が遠のいていたらいつの間にか軍曹から二等兵に格下げの屈辱。ここは一発100点を狙いに望んだ今回。正直残念!
今回のポイントはなんといっても家でも旅館のように楽しんでもらおうという演出?家に居るはずが気分は旅館気分!という贅沢さを味わってもらおうと思い、100円ショップで偶然見つけた一人用鍋キット(鍋、鍋台、固形燃料)を持ち込む。コレに全てをかけた。
しかし肉が上手く解凍出来ない段階で内心100点ヤバいかも。と思っていたが、実際17点も足りない。さすがにコレでは鍋代は請求出来ない。
正直、策に溺れた感がいなめない。
やはり100点を出すにはさらにもうひと工夫!ということだろう。
しかし安心材料もある。なんと80点台を3回続けて出せば再度軍曹に昇進とのこと!うれしいではないですか!
最後に今丁度読んでいる本で池波正太郎先生がすき焼きについて述べているので掲載させて頂き、今回を締めくくります。

『たまにはうんといい肉でぜいたくなことをやってみないと、
本当のすきやきのおいしさとか、肉のうま味というのが味わえない。』

PS:イッガさんイットリ先生へ
お互い平均点を出してみるとどうなんでしょうね?実際。
【2007/03/03 21:45】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の二人に食べさせたくて(6)
20070313214340.jpg


【今日のメニュー】
イットリのトロピカ~ルパエリア

【材料】4人前(1400円※ただし、米は持ち込み。ネンリキの冷蔵庫の材料も使用)
米3合、エビ(尾頭付き)4匹、アスパラ4本、トマト1個、たまねぎ2分の1個、にんじん2分の1本、にんにく壱片、パプリカ1個、しめじ1房、シーフードミックス100グラム、ゆで卵2個、あさり100グラム、サフラン1瓶、塩少々、コンソメ2個、レモンお好みで
          
【作り方】
◎400ccのお湯でコンソメとサフランを戻し、塩を一つまみ加えておきます。
◎鍋で、スライスしたにんにくをオリーブオイルで香りがつくまでいためたら、粗みじんにしたにんじんとたまねぎ、シーフードミックス、しめじを弱火で炒めます。
◎全体に火が通ったら、研いでいない生米を投入し、中火で透き通るまで炒めます。
◎一度火を止め、トマト、エビ、アスパラ、アサリ、パプリカ、ゆで卵などをキレイに盛り付けます。
◎戻したサフラン汁を鍋に投入し、ふたをし、鍋でご飯を炊く要領で加熱し、お好みでレモンを絞って完成!


【今回の点数】

77.5点

【二人の感想】
普通のパエリアでイットリらしさがなかった。でも、おいしかったから、こんな点の付け方でよろしいでしょうか。
                    ・・・75点(徹)
おいしかった。けど、オリジナルな感じがしない。聞けばイットリは、家ではこのパエリアにマヨネーズをかけて食べているとのこと。そっちのほうがイットリらしさが出たかも。でも、点数は下がるかもしれないけど。
                    ・・・80点(ケイ子)


【イットリ先生の感想】

イットリです。この日は、五月女さんが出演するNHKの『トップランナー』のスタッフがネンリキにいらっしゃっていました。番組中で使用した五月女さんの絵をネンリキに返しに来たのです。

細川さんと五月女さんとトップランナーのスタッフの方が、収録の後日談に花を咲かせる中、僕は彼らを背にして黙々とタマネギや人参を刻んだり、エビの殻を剥いたりしていました。NHKの方もまさかイラストレーターさんの仕事場で見ず知らずの青年が黙々とパエリアを作っているとは思わなかったことでしょう。その光景に、いささか違和感を覚えたはずでしょうが、そこはさすが大人なので、一切触れられませんでした。

五月女さんの出演するトップランナーは、3月11日のオンエアーです。みなさん、ぜひご覧下さい。


NHKの方はパエリアが出来る前に帰ってしまってちょっと残念でした。多少焦げましたが、NHKの方にもふるいまいたかったくらい、自分で言うのもなんですが、上々の出来でした。

ただ、2人からはオリジナル性に欠けるとの評価。この勝負の難しいところは、ただおいしいものを作っても高得点を狙えないところにあります。そこには、壁を打ち破る独創性がなくては・・・。そこで、今後は、初心に帰って、僕の本当に好きなもの。コンビニのホットコーナーのフライドチキンやラーメンや餃子の王将などをヒントにメニューを考案しようと思います。


p.s イッガさん&二等兵さんへ
オリジナル性を出すために、各人・料理における『必殺技』みたいなモノを考案しませんか?もちろん、毎回それを使わなくても良いので。僕は、コンビニのホットコーナーをアレンジしたメニューを開発しようと思います。
【2007/03/02 21:44】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
イットリ先生の2人に食べさせたくて(5)
20070313214134.jpg


【今回のメニュー】
『イットリ先生の速攻!シャキシャキ蒸し豚』

【材料】四人前
『シャキシャキ蒸し豚』
豚バラ肉300g、水菜1束、ねぎ1本、大根おろし適量、(タレ)ポン酢大さじ3、すりゴマ適量、シャンツァイ少々、レモン汁少々、柚子こしょう少々、

【作り方】
◎鍋で水菜とネギをざく切りにして、軽く炒めます。
◎その上に豚バラ肉を均等に敷き、フタをして中火で蒸します。
◎タレは上記の材料を混ぜ合わせるだけ。豚に火が通ったら、大根おろしを盛り付け、タレをかけて完成!


【今回の点数】

76点

【二人の感想】

豚が鍋ごと出てきて、取り分けて食べるのが楽しかった。ただ、浅漬けのレモンの皮が苦い。そこが点数を下げた。
                    ・・・70点(徹)
ブロッコリーの味がなかった。お肉は油を使ってなくて、ヘルシーでよかった。
                    ・・・81点(ケイ子)
冷蔵庫のものを上手に利用していた。しかも、この品目はなかなかいいんじゃない?
                    ・・・78点(イッガ)


【イットリ先生の感想】

イットリです。今回のメニュー、特に蒸し豚は速攻&簡単。そして、さっぱり&ヘルシー。いいことづくしです。
ネンリキの皆さんの評判も上々。このサイトを見ていただいている方にも是非おすすめします。

ただし、今日のメニュー、副菜で作った白菜のレモン漬とブロッコリーのガーリックオイルがけがイマイチでした。
大崩れはしなかったもののプチ失敗。まず、漬物はレモンの皮を入れすぎてしまったため、ほろ苦い味に。そして、ブロッコリーは、先日の大塩害を恐れて塩を控えめにしすぎて、いざ食べてみたら味がまったくなかったのです。
細川さんいわく、「食事としてはメニューも豊富だし、いろいろな野菜もあって素晴らしいんだけど、勝負だからなあ」とのこと。
はりきって作りすぎたのがアダとなってしまいました。次回からは的を絞ってポイントを狙いにいこうと思います。

p.s イッガさんへ
キッチン改造計画、僕も協力します。頑張ってネンリキ事務所に仕事場とは思えないくらい快適なキッチンスペースを構築しましょう!

二等兵さんへ
そろそろ出てきてください。さびしいです。
【2007/03/01 21:42】  その他の料理  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。